ここから本文です。

更新日:2020年6月11日

自殺予防対策

誰も自殺に追い込まれることのないやさしいまち明石へ

全国で1年間に「自殺」でなくなる人は、平成24年、15年ぶりに3万人を下回りました。しかし、平成29年度の自殺者数は約2万1千人と俄然多く、明石市では今もなお年間約45人の方が自ら命を絶たれています。自殺者の約半数は高齢者ですが、30代~50代の働き盛り世代の自殺も近年増えてきています。

自殺は、実際には家庭や学校、職場での人間関係、生活や健康についての不安・悩みなどが絡み合って、「死ぬしかない」という気持ちから起こる「追い込まれての死」と言われています。                            

明石市では、自殺対策基本法(平成18年10月施行)に基づき、自殺対策の取組を積極的に進めてきました。

このたび、これまでの取組を発展させた自殺対策を推進するため「明石市自殺対策計画」を策定しました。

【明石市自殺対策計画】(PDF:1,606KB)

あなたにも出来る自殺予防のための行動

健康を保つには、「からだ」の健康だけでなく、「こころ」の健康も大切です。

いま、社会的な問題となっている「自殺」も、こころの健康づくりと関係していると言われています。みんながこころの健康づくりに取り組み、そしてゲートキーパー(※)になることで、みんなの命を守りましょう。

※ゲートキーパーとは、悩んでいる人に気づき、声をかけ、話を聞いて、必要な支援につなげ、見守る命の門番という意味です。

大切な悩みに気づいてください。みんなで自殺予防に取り組もう。

自殺予防のための行動~4つのポイント~

気づく

「眠れてる?」「食欲はある?」「何か困っていることがある?」など、自殺のサインに気付いたら、ひとこと声をかけてみましょう。

傾聴する

悩みを話してくれたら、相手の気持ちや話すペースを尊重しましょう。励ましたり、助言したり、叱ったりせず、相手を大切に思う自分の気持ちを伝え、まずは聞き役に徹しましょう。

つなぐ

話を聞いた後、専門家の助けが必要だと感じたら、早めに公的相談機関、医療機関等に相談するよう促しましょう。相談を受けた人も1人では抱え込まず、プライバシーに配慮した上で(本人の了解を得て)、相談窓口へ連絡しましょう。

見守る

温かく寄り添って見守りましょう。1人で対応するのではなく、家族や地域、職場、専門機関が継続して協力しあいましょう。

 ≪相談機関≫

関連ページ

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

明石市感染対策局健康推進課

明石市大久保町ゆりのき通1丁目4-7 あかし保健所

電話番号:078-918-5657

ファックス:078-918-5440