ここから本文です。

更新日:2018年3月12日

微生物について

微生物とは、眼に見えない小さな生き物のことです。
納豆を作っている納豆菌やカビも、微生物の仲間です。
浄化センターでは、微生物の働きを利用して、汚れた水をきれいにしています。

微生物の役割

汚れた水の中に微生物をいれ、空気を送り込むと空気を吸って元気に動き回り、水の汚れを食べていきます。
汚れを食べて大きくなった微生物は、他の微生物に食べられたり他の汚れとくっついたりします。
これを活性汚泥といい、水より重くなって、下のほうに沈んでいきます。
すると上のほうの水は汚れが取りのぞかれ、きれいな水になっていきます。

微生物の数や大きさ

活性汚泥1ミリリットル中には、微生物は5000~20000個もいます。
一番小さな微生物を米粒の大きさに例えると、大きな微生物はサッカーボールぐらいの大きさになり、人間となると富士山ほどの大きさになります。

微生物の紹介

写真は、明石市内の浄化センターで顕微鏡撮影したものです。

<写真>
biseibutsu<呼び名>ボルティセラ
<学名>vorticella
<和名など>ツリガネムシ
<大きさ>35~120μm

 

 

biseibutsu2

アスピディスカ
aspidisca
下毛目小型
25~40μm

 

 

biseibutsu3

アルセラ
arcella
有殻アメーバ
30~100μm

 

 

biseibutsu4

オペルクラリア
opercularia
ツリガネムシ
50~140μm

 

 

biseibutsu5

ユープロテス
euplotes
下毛目大型
100~195μm

 

 

biseibutsu6

パラメシウム
paramecium
ゾウリムシ
180~300μm

 

 

biseibutsu7

エピスティルス
epistylis
ツリガネムシ
70~160μm

 

 

biseibutsu8

カエトノツス
chaetonotus
イタチムシ
90~320μm

 

 

biseibutsu9

アメーバ
amoeba
アメーバ
40~50μm

 

 

biseibutsu10

レパデラ
lepadella
ウサギワムシ
150~200μm

 

 

biseibutsu11

ポドフィリア
podophrya
丸型吸管虫
10~50μm

 

 

biseibutsu12

ズーグレア
zoogloea
雲状集落桿菌
500~1000μm(集落)

 

 

biseibutsu13

アキネタ
acineta
三角吸管虫
50~100μm

 

 

biseibutsu14

スフェロティルス
sphaerotilus
糸状菌・ミズワタ
直径1μm

 

 

biseibutsu15

ロタリア(フィロディナ)
rotaria(philodina)
ヒルガタワムシ
300~1000μm

お問い合わせ

明石市都市局下水道施設課

兵庫県明石市大久保町八木742

電話番号:078-934-3425

ファックス:078-934-9622

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?