ホーム > 暮らし・コミュニティ > 住民登録・戸籍・証明 > 住民票・印鑑登録証明書・個人番号(マイナンバー)カード・通知カードへの旧氏 (旧姓) の併記について

ここから本文です。

更新日:2019年11月1日

旧氏(旧姓)の併記について

住民票・印鑑登録証明書・個人番号(マイナンバー)カード・通知カードへの旧氏 (旧姓) の併記について

 令和元年11月5日から、本人からの申し出により、住民票・印鑑登録証明書・個人番号(マイナンバー)カード・通知カードに「旧氏(旧姓)」を併記することができるようになりました。

旧氏 (旧姓) とは

 その人の過去の戸籍上の氏のことです。氏はその人に係る戸籍、または除かれた戸籍に記載されています。旧姓は1人につき一つだけ併記できます。

 

記載できる旧氏 (旧姓) について

  • 旧氏(旧姓)を初めて記載する際は、戸籍に記載されている過去の氏から1つを選んで併記することができます。
  •  旧氏(旧姓)は、他市区町村に転入しても引き続き記載できます。
  •  一度記載した旧氏(旧姓)は、婚姻等により氏が変更されていてもそのまま記載されます。
  •  必要がなくなった場合には、旧氏(旧姓)併記を削除することができます。ただし、その後は氏が変更した場合に限り、削除後に新たに生じた旧氏(旧姓)の中から一つを選んで再び併記できます。
  •  住民票では、旧姓は氏名と併せて公証されているものであることから、旧氏(旧姓)併記する手続きをした場合、旧姓または氏の一方のみを住民票に表示することはできません。

    旧氏(旧姓)併記について、総務省のホームページに詳しくは掲載されています。
    http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/jichi_gyousei/daityo/kyuuji.html
    http://www.soumu.go.jp/main_content/000625549.pdf
    http://www.soumu.go.jp/main_content/000625550.pdf

 

 

旧氏(旧姓)を併記する手続き

 旧氏(旧姓)の併記を希望するご本人等が、手続きに必要な書類(以下)を持参のうえ窓口で請求してください。

  1. 手続きに必要な書類     → ※ 別紙旧氏の請求時における注意確認事項参照
      請求手続きには、以下の書類が必要です。
    戸籍謄本等
            旧氏を記載(又は変更)する場合、請求者ご自身が、当該旧氏が記載されている戸籍謄本等(除籍謄本等)から、現在の氏が記載されている戸籍謄本等までを全てそろえて提出する必要があります。(戸籍謄本等は、原本を提出してください。)
    ※ 現在の戸籍謄本等で請求する旧氏が判明する場合、現在戸籍分のみ提出してください。
    ※ 婚姻・離婚等の戸籍届出をした直後に旧氏を記載したい場合、新しい戸籍謄本等ができた後に請求することができます。
    ※ 旧氏を削除する場合は戸籍謄本等の提出は不要です。

    本人確認書類
           窓口に来られる方の本人確認書類の提示が必要です。(公的機関発行の写真付き証明書は1点・写真なし証明書は2点必要。コピーを取り、市で保管します。)

    個人番号(マイナンバー)カード又は通知カード
              記載等を行った旧氏について、カードの追記欄に記載します。

    委任状
              本人又は同一世帯員以外が請求に来られる場合、上記に加え、「委任状」の提出が必要です。

  2. 受付窓口   市役所2階市民課3番窓口・あかし総合窓口・各市民センター・各サービスコーナー
  • あかし総合窓口では、平日の夜間(17時15分~20時)と土曜・日曜・祝日は旧氏(旧姓)を併記する手続きは受付しておりません。 

住民票および個人番号(マイナンバー)カードへの記載例

  •  住民票には、氏名欄の右の旧氏欄に記載されます。
  • 個人番号(マイナンバー)カードには、氏名欄の氏と名の間に旧氏がカッコ書きで記載されます。
     
      住民票および個人番号(マイナンバー)カードへの記載例
    旧氏記載例

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

明石市市民生活局市民課

兵庫県明石市中崎1丁目5-1

電話番号:078-918-5019 (住民記録係)