ここから本文です。

更新日:2020年3月11日

住民登録の届出

住民登録の届出

 住民登録は、住民票や転出証明書の発行、小・中学校への就学、選挙人名簿への登録、国民健康保険、国民年金、介護保険等の基礎となるものです。住所や世帯構成などが変わったときには、すみやかに届け出てください。

  

 平成24年7月9日より住民基本台帳法が改正され、外国人住民も、日本人と同様に住民登録の届出が必要になりました。なお、住民登録の届出時に特別永住者証明書または在留カード(有効とみなされる外国人登録証明書を含む。以下「在留カード等」という。)を合わせて提出すると、出入国在留管理庁長官への住居地の届出も行ったとみなされますので、転入・転居の際には、必ず異動者全員分の在留カード等を持参して届出ください。

 

出入国在留管理庁長官への住居地の届出が行われない場合、刑事罰の対象になる他、中長期在留者の場合、在留資格の取消しをされることがあるため、在留カード等を忘れず提示ください。
※詳しくは関連ページ「外国人住民にかかる制度変更について」をご覧ください。

住民登録届出時の本人確認について

 住民登録の届出書を窓口に持参された方について、運転免許証など住所及び氏名が記載された身分証明書により、本人確認をさせていただきます。
 詳しくは、関連ページ「各種届出・証明交付申請時の本人確認について」をご覧ください。

住民登録の届出一覧

種類

いつまでに

だれが

どこへ

持っていくもの

1.転

他の市町村から明石市へ引越ししてから14日以内

本人か世帯主、あるいは同一世帯の親族(友人・知人の場合は委任状が必要。住所の異なる親族の場合も委任状が必要。)

  • 市民課

 

  • あかし総合窓口

 

  • 大久保・魚住・二見市民センター

 

  • 明舞・西明石・高丘・江井島サービスコーナー(※異動者に外国人住民がいる場合は各サービスコーナーでは受付できません)
  • 届出人の身分証明書(運転免許証など)
  • 旧住所地の市区町村長が発行した転出証明書
  • 通知カード(所持している方のみ)
  • 個人番号(マイナンバー)カード、住民基本台帳カード
  • 外国人住民は在留カード等

2.国外


帰国後14日以内、ただし、住所が定まらない場合は、確定した住所に住み始めてから14日以内

  • 届出人の身分証明書(パスポート、運転免許証など)
  • パスポート(帰国者全員分)
  • 日本人は、戸籍謄本又は抄本及び戸籍の附票(※明石市が本籍地の場合又は明石市に5年以内に戻り、出国中に戸籍の変更がない場合は不要)
  • 外国人住民は在留カード等
  • 通知カードまたは個人番号(マイナンバー)カード(所持している方のみ)

3.転

明石市内で引っ越ししてから14日以内

  • 届出人の身分証明書(運転免許証など)
  • 通知カードまたは個人番号(マイナンバー)カード(所持している方のみ)
  • 住民基本台帳カード(所持している方のみ)
  • 外国人住民は在留カード等
  • 国民健康保険証、後期高齢者医療保険証、介護保険証、福祉医療証(加入者のみ)

4.転

明石市から他の市町村または国外へ引っ越しする14日前から引っ越し後14日以内
※転出届は郵送による受付も行っています。

  • 届出人の身分証明書(運転免許証など)
  • 通知カードまたは個人番号(マイナンバー)カード(国外転出かつ所持している方のみ)
  • 印鑑登録証(登録者のみ)
  • 国民健康保険証、後期高齢者医療保険証、介護保険証、福祉医療証(加入者のみ)  

5.世


変更があった日から14日以内

※1~3の届出の際、新住所が新築や建替等かつ住居表示地区の場合、事前に新築届が必要になります。詳しくは、「住所の表示方法についてをご参照ください。

 

届出窓口 

市民課(明石市役所本庁舎2階3番窓口)・・・・・・ 平日 8時55分~17時15分

あかし総合窓口・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  平日 9時00分~17時15分、土曜日 9時00分~17時15分  (※土曜日は、転出届以外の住 民異動届は届出書の預かり対応です。住民票の即時交付はできません

大久保・魚住・二見市民センター・・・・・・・・・・・・・・・ 平日    8時55分~12時00分、13時00分~17時15分

明舞西明石・高丘・江井島サービスコーナー・・・・ 平日    8時55分~12時00分、13時00分~17時15分     (※サービスコーナーでは、外国人住民が異動する届出書は受付できません。外国人住民が異動する届出については、市民課、 あかし総合窓口、大久保・魚住・二見市民市民センターへ 届出してください。)

 個人番号(マイナンバー)カードまたは住民基本台帳カードを継続利用する転入転出の特例

 個人番号(マイナンバー)カードまたは住民基本台帳カードをお持ちの方は、他市町村へ引越しても継続してカードを利用することができます。

 前の市町村で転出届出(特例転出届)を行い、紙の転出証明書を持参せず、個人番号(マイナンバー)カード等を利用した転入の届出(特例転入届)を行う場合は、市民課、あかし総合窓口、大久保・魚住・二見市民センターで手続きしてください。明舞・西明石・高丘・江井島サービスコーナーでは、個人番号(マイナンバー)カード等を利用した転入の届出(特例転入届)は受付できません。

<特例による転入ができない場合>
次の場合は特例転入ができません。前の市町村へ、紙の転出証明書を改めて請求してください。
・転入手続きを行わずに、転出予定日から30日を経過した場合
・転入手続きを行わずに、新しい住所に住み始めてから14日を経過した場合
・紛失等の理由により、カードの状態が一時停止となっている場合

※注意事項※

  1. 前の市町村で転出届が事前に必要です。窓口に届け出るか、郵送にて申請してください。
  2. 転入届出の際、転入地の市町村窓口で個人番号(マイナンバー)カードまたは住民基本台帳カードの提示が必要です。(個人番号(マイナンバー)カードまたは住民基本台帳カードは所有者全員分をお持ちください。)
  3. 個人番号(マイナンバー)カードまたは住民基本台帳カードを継続利用するためには、転入届をしてから90日以内に窓口で個々のカードに継続処理が必要です。継続利用するカードそれぞれに対して暗証番号の入力を行っていただきます。(暗証番号の入力は、本人または同一世帯の人に限られます。)
  4. 次の場合は個人番号(マイナンバー)カードおよび住民基本台帳カードの継続利用はできなくなりますのでご注意ください。
  • カードの有効期限が満了した場合
  • 転入手続きを行わずに、転出予定日から30日を経過した場合
  • 転入手続きを行わずに、新しい住所に住み始めてから14日を経過した場合
  • 転入手続き後、90日以内に個人番号(マイナンバー)カードまたは住民基本台帳カードの継続利用の手続きを行わなかった場合
  • 前の市町村で継続利用手続きをせずに転出した場合 
      

種類

いつまでに

だれが

どこへ

持っていくもの

他の市町村から明石市へ引越ししてから14日以内

本人か世帯主、あるいは同一世帯の親族

※友人・知人の場合は委任状が必要

※住所の異なる親族の場合も委任状が必要

 

※特例転入届は委任状があれば可能ですが、

個人番号(マイナンバー)カードまたは住民基本台帳カード自体の継続処理は本人または同一世帯人に限られます。

  • 市民課
  • あかし総合窓口
  • 大久保・魚住・二見市民センター

 

※各サービスコーナーでは、特例転入届は取り扱っておりません。

  • 届出人の身分証明書(運転免許証など)
  • 個人番号(マイナンバー)カード(所持している方のみ)
  • 住民基本台帳カード(所持している方のみ)
  • 通知カード(所持している方のみ)
  • 外国人住民は在留カード等

特例

転出届

明石市から他の市町村へ引越しする14日前から引っ越し後14日以内

(なお、引越ししてから14日を過ぎると特例転出は届出できず、通常の転出届になります。)

  • 市民課
  • あかし総合窓口
  • 大久保・魚住・二見市民センター
  • 明舞・西明石・高丘・江井島サービスコーナー(※異動者に外国人住民がいる場合は各サービスコーナーでは受付できません)
  •  

※郵送でも申請できます。

  • 届出人の身分証明書(運転免許証、在留カード、個人番号(マイナンバー)カード、住民基本台帳カードなど)

関連ページ

 


お問い合わせ

明石市市民生活局市民課

兵庫県明石市中崎1丁目5-1

電話番号:078-918-5019 (住民記録係)