ここから本文です。

更新日:2022年11月4日

インフルエンザ・新型コロナウイルス感染症を予防しましょう

 インフルエンザと新型コロナウイルス感染症の同時流行が危惧されています。

 インフルエンザは毎年11月頃から流行が始まります。インフルエンザと新型コロナウイルス感染症は、症状による区別は困難ですが、予防方法は共通しています。「うつらない・うつさない」ための行動を心がけましょう!

感染経路

 他者の咳やくしゃみの飛沫を吸い込む、ウイルスのついた手で目・鼻・口を触るなどにより感染します。

予防方法

①せっけん・流水を使用した入念な手洗い

 せっけんでの手洗いは手に付着したウイルスを1万分の1まで減らします。

★特に親指・指先・指と指の間・手首・手の甲は洗い残しが多いため、意識して手洗いをしましょう。

手洗い

(引用)厚生労働省

 

②正しくマスクを着用する

・鼻や口をしっかりおおう

鼻マスク顎マスク

鼻、ほほ、あごとマスクのすき間を埋める

・マスクを外すときは表面を触らない(ひも部分を持つ)

・マスクを外した状態で近距離での会話を控える

 

③体調管理

・毎日検温や風邪症状(咳や鼻水、頭痛など)の有無を確認する

・免疫力をあげるために健康づくりに取り組む 

 ※免疫力とは、体に侵入したウイルスなどを取り除く機能を指します。

 

(健康づくりの例)

  起きる    足踏み       野菜      禁煙

早寝・早起きをする  適度に運動をする  1日小鉢5皿の野菜をとる  禁煙に挑戦する

 

 日々の生活の中で、自分に合った健康づくりを習慣的に取り入れる「健康づくりのMyルーティン」(サイト内リンク作成中)を見つけてみましょう!

 

④予防接種

 インフルエンザと新型コロナウイルス感染症にはそれぞれ予防接種があり、ワクチンを接種することで、発症の可能性を減らし、重症化を予防します。

※他のワクチンとの間隔や同時接種につきましては、医師にご確認ください。

 

 健康推進課作成チラシ「今年もダブル予防をしよう★インフルエンザ・新型コロナウイルス」(PDF:728KB)を印刷し、ご活用ください。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

明石市感染対策局健康推進課

明石市大久保町ゆりのき通1丁目4-7 あかし保健所

電話番号:078-918-5657

ファックス:078-918-5440