ホーム > 子ども・教育 > 保育 > 保育施設の申込み

ここから本文です。

更新日:2018年5月24日

保育施設の申込み

保育施設への入所手続きについてお知らせいたします。

保育施設を利用できる方

保育施設とは、保護者が仕事や病気など下記の理由により、小学校に入学するまでの児童を家庭で保育できない場合に、保護者に代わって保育を行う児童福祉施設です。

保育を必要とする事由 保護者の状況 利用可能期間

就労

月64時間以上働いている

就労している期間

妊娠・出産

妊娠中または出産後の休養が必要である

妊娠後から出産の8週間後の翌日の属する月まで

修学

大学や職業訓練校、専門学校等に通っている(月64時間以上)

学校に通っている間

障害・疾病

病気やけが、または精神や身体に障害がある

療養を必要としなくなるまで

就職活動

就職活動を継続的に行っている

90日以内

親族の介護・看護

おおむね1か月以上、親族を介護または看護している(月64時間以上)

介護または看護の必要がなくなるまで

その他

災害からの復旧を行っている/児童虐待やDVのおそれがある

必要な期間

 

保育施設をご利用の場合、支給認定を受けることが必要です。支給認定区分については保育・教育の利用手続きのページをご確認ください。支給認定の申請は保育施設の申込みと同時に行います。

申し込みの前に

保育施設の見学

市内の認可保育施設については、各保育施設の概要のページにてご確認ください。

保育施設によって教育方針や取り組みは異なります。希望施設の選定にあたっての疑問や不安を解消するため、また入所後のミスマッチを防ぐため、事前にご希望の施設を、お子様同伴のうえ見学されることを推奨します。

見学については随時受付をしていますので、各施設へ直接お問い合わせください(事前予約が必要です)。

受入可能月齢・ならし保育の期間

保育施設の受入可能月数は、公立保育施設は生後6か月から、私立保育施設は施設ごとに異なります。

入所当初の長時間保育は児童にとって大きな負担となることから、入所後しばらくは保育時間を短くし、徐々に保育環境への適応を図る「ならし保育」を行います。ならし保育の期間は児童の状況や各施設により異なります。他施設からの転所の場合も、転所先の保育施設でならし保育が必要です。

各保育施設の受入可能月数やならし保育の期間等の詳細については、各保育施設の概要のページをご覧ください。

なお、入所日は毎月1日となり、月の途中から入所はできません。

クラス年齢表

保育施設の受入クラスは児童の生年月日により決まります。下記にてご確認ください。

平成30年度

クラス年齢

児童の生年月日

0歳 平成29年(2017年)4月2日~
1歳 平成28年(2016年)4月2日~平成29年(2017年)4月1日
2歳 平成27年(2015年)4月2日~平成28年(2016年)4月1日
3歳 平成26年(2014年)4月2日~平成27年(2015年)4月1日
4歳 平成25年(2013年)4月2日~平成26年(2014年)4月1日
5歳 平成24年(2012年)4月2日~平成25年(2013年)4月1日

各保育施設の空き状況

保育施設で受け入れができる児童数は保育士の人数や施設の面積等によって決まります。そのため、状況によってはご希望の施設へ入所できないことがあります。

国の基準による待機児童数については待機児童数一覧表のページにてご確認いただけます。

申込関係書類の配布場所

保育施設の利用申込関係書類は明石市役所こども育成室、あかし総合窓口、各市民センター及び各サービスコーナーにて配布しています。職員にお申し付けください。

申し込みにはご希望の入所年度に対応した書類が必要となります。特に新年度の利用申込を行う場合、旧年度の書類で申し込みはできませんのでご注意ください。(新年度の申込書で旧年度の申し込みを行うことは可能です。)

保育施設利用のしおり・申込関係書類

保育施設の利用申込受付

利用申込の受付はこども育成室の窓口にて行います。各入所希望月の受付期間や受付時間をご確認いただき、期日までに申込関係書類を作成・準備のうえ、以下の受付場所にお越しください。

申込の際にご持参いただくもの

  • 申込関係書類
  • 申請者の運転免許証や健康保険証などの本人確認書類
  • 印鑑(申込関係書類に誤りがあり、その場で訂正していただく場合に必要となります)

必要書類に不足がある場合は受付できません。
窓口が込み合っている場合は、番号札をお取りいただき、順番が来るまでお待ちいただくことがあります。あらかじめご了承ください。また、申込書の記入漏れや当日相談のある場合は、当日中に受付が終わらないことがあります。

平成30年5月入所をご希望の方

付場所

受付期間

受付時間

明石市役所議会棟1階
こども育成室利用担当
3月12日(月曜日)~
4月10日(火曜日)の平日
8時55分~17時40分

平成30年度途中入所をご希望の方(6月~12月)

入所希望月の前月の10日(10日が土日祝日の場合はその直前の平日)が申込締切です。保育施設の空き状況をご確認のうえ、明石市役所議会棟1階こども育成室窓口に申込書類をご提出ください。

例えば6月からの入所をご希望の場合、5月1日以降にお電話等で空き状況をご確認いただき、その後、5月10日までに申込書類をご提出ください。

明石市にお住まいで、市外保育施設への入所をご希望の方

明石市にお住まいの方で、市外の保育施設への入所をご希望の場合、明石市にて申請を受け付けます。受付場所は明石市役所議会棟1階こども育成室窓口です。必要書類の様式は明石市のものをお使いください。それぞれの市区町村ごとに申込締切や選考基準が異なりますので、事前にご希望の保育施設の市区町村に必ずご確認ください。

なお、希望施設として、市内・市外の施設を併願することはできません。

明石市以外にお住まいで、市内保育施設への入所をご希望の方

明石市以外にお住まいの方で、明石市内の保育施設への入所をご希望の場合は、必要書類の様式はお住まいの市区町村指定のものをお使いいただき、お住まいの市区町村の保育担当窓口を通じてお申し込みください。締切は上記「保育施設の利用申込受付」と同じです。ただし、お住まいの市区町村の保育担当が転送した申込書類が締切日までに明石市こども育成室に到着するよう、日数に余裕をもってお申し込みください。

それぞれの市区町村ごとに申請方法が異なりますので、事前にお住まいの市区町村に必ずご確認ください。

※幼稚園・認定こども園(幼稚園部分)への入園を希望される場合は、園へ直接お問い合わせください。

保育コンシェルジュ

保育士資格を持った専門員「保育コンシェルジュ」が、保育施設や保育行政の現場での経験を活かし、施設の利用や子育て全般に関するご相談をお受けします。

受付時間・場所

受付時間

毎週月曜日8時55分~17時40分(うち12時00分~13時00分は除きます)

受付場所

明石市役所議会棟1階こども育成室窓口

※ご相談はお電話でもお受けします。上記受付時間内にこども育成室利用担当(918-5093)までお問い合わせください。

相談例

  • 保育施設を選ぶ際に確認しておくべきポイントを教えてほしい
  • 子どもが保育施設での生活に順応できるか不安である
  • 待機児童となったので認可外保育施設への入所を考えているが、認可保育施設との違いや特徴について教えてほしい
  • 子どもに対する家庭での関わり方(言葉かけ、遊びなど)についてアドバイスがほしい

など、これら以外にも、子育てにおいて気になることや不安なことがありましたらお気軽にご相談ください。

平成30年度利用調整基準表

保育施設の入所選考(利用調整)については、下記の利用調整基準表に基づき、選考指数の高い世帯に属する児童から順に行います。

平成30年度利用調整基準表(PDF:1,010KB)

【参考】平成30年度6月入所の利用調整結果について

平成30年度6月入所の利用調整における内定者の施設別最低指数については下記のとおりです。

※最低選考指数は受入予定児童数や申込状況等に応じて選考ごとに変動するため、今後の利用調整にあたって下記に記載の最低選考指数より指数が高い方の内定を保証するものではありません。参考程度にご覧ください。

平成30年度6月入所選考の利用調整結果について(PDF:316KB)

【参考】平成30年度4月入所の利用調整結果について

平成30年度4月入所の利用調整における内定者の施設別最低指数については下記のとおりです。

※最低選考指数は受入予定児童数や申込状況等に応じて選考ごとに変動するため、今後の利用調整にあたって下記に記載の最低選考指数より指数が高い方の内定を保証するものではありません。参考程度にご覧ください。

平成30年度4月入所選考の利用調整結果について(一次)(PDF:316KB)

平成30年度4月入所選考の利用調整結果について(二次)(PDF:322KB)

保育施設の利用が保留となった場合の書類の取扱い

保育施設の利用申込みをしたにも関わらず、入所できなかった(保育施設の利用が保留となった)場合、利用の申込みを引き続き希望される方(受付時に確認します)の申込書は、保育の利用を希望する期間中保管し、希望施設に欠員等があった場合に改めて審査・選考を行います。

提出済みの書類の内容に変更があった場合は、こども育成室までご連絡ください。

保育利用保留通知書の発行について

育児休業の延長や育児休業給付金等の手続きをする際に、保育施設に申し込みをしたにも関わらず入所できなかったことを証明するために、明石市が発行する保育利用保留通知書の提出を求められる場合があります。

この保育利用保留通知書に記載される「待機児童となった日付」は、施設の利用申込書に記入する「利用希望年月日」と同日となります(例1)。

例1)利用希望年月日を「平成29年7月1日~」とした場合

⇒保育利用保留通知書に記載される待機児童となった日付:「平成29年7月1日」

育児休業の延長や育児休業給付金等の手続きに際し、上記内容で問題ないかお勤め先等に確認していただき、問題がある場合は、利用希望年月日を変更していただく必要がございます。

その際、過去の締切日を超えての遡り申し込みや変更は受付できませんのでご注意ください(例2)。

例2)利用希望年月日を「平成29年7月1日~」から「平成29年6月1日~」へ変更

⇒変更申請をされた日付が6月入所選考の申込締切後である「平成29年5月11日(予定)」以降:変更不可能

⇒変更申請をされた日付が6月入所選考の申込締切前である「平成29年5月10日(予定)」以前:変更可能

関連ページ

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

明石市福祉局こども育成室

兵庫県明石市中崎1丁目5-1

電話番号:078-918-5093

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?