ホーム > 市政情報 > 各種行政計画 > 明石市公共下水道事業長期収支見通し(経営戦略)

ここから本文です。

更新日:2018年12月25日

明石市公共下水道事業長期収支見通し(経営戦略)

趣旨と位置づけ

本市の下水道事業は、これまでの施設の普及拡大の時代から、インフラ更新需要を踏まえた維持管理という経営の時代へと転換期を迎えています。

本市では、下水道使用料収入の減少、施設の老朽化など経営環境が厳しさを増す中、事業・サービスの提供を安定的に継続できるよう長期的な視点に立った経営を行うために、10年間の投資と財源の収支である長期収支見通しを推計しました。

なお、この内容は、平成28年1月に総務省から通知された「『経営戦略』の策定推進について」に沿った「経営戦略」として位置づけるものであり、議会・市民に対し公開することとされています。

計画期間

2018年度から2027年度までの10年間

今後、この長期収支見通しの投資・財政計画値と実績値の乖離検証を適宜行うとともに、対外的な公表用情報として、各種経営指標による分析を行います。

前提条件

  1. 下水道使用料(税抜)を増額改定せずかつ一般会計繰入金を削減する。
  2. 下水道事業の国庫補助制度を活用する。

経営の基本方針

持続可能な下水道の構築に向けて、以下の方針に基づき経営を行っていきます。

  1. 計画的・重点的な改築更新を行い投資の平準化と施設の延命化を図り、下水道機能を安定的かつ継続的に維持すること。
  2. 市民生活に影響を与えないよう良質で安定したサービスを提供すること。
  3. 維持管理の効率化や企業債の削減を図り経営基盤を強化すること。

資料

    〈本編・一括ダウンロード〉

関連リンク

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

明石市都市局下水道総務課

兵庫県明石市大久保町八木742

電話番号:078-934-9620

ファックス:078-934-9622