ホーム > 暮らし・コミュニティ > 環境政策 > 住みよい環境づくり

ここから本文です。

更新日:2019年5月23日

住みよい環境づくり

まち美化プロジェクト(明石市アダプトプロクラム)

市民や事業者が、地域の共有財産である道路・広場・公園などの公共施設の里親となり、自らの活動と責任で清掃・美化・緑化などを行う協働まちづくりの制度のことです。
このボランティア制度のことを「まち美化プロジェクト みんなでやろうよきれいな明石 (明石市アダプトプログラム)」と呼んでいます。

まち美化プロジェクトについては、市民生活局環境保全課(電話078-918-5030)へ

 まち美化プロジェクト(別ウインドウで開きます) 

 空き地の管理

空き地の所有者(管理者)には、土地の適正な管理が義務づけられています。害虫の発生や火災発生の危険があるため、雑草や土砂、廃棄物などを放置しないようにしてください。市では、管理不良の空き地に対する苦情や相談を受け付けています。
空き地の管理についての苦情や相談は、市民生活局環境保全課(電話/078-918-5030)へ。

ポイ捨ての禁止

道端や植え込みに投げ捨てられた空き缶等は、まちの美観を損ないます。持ち帰るかごみ箱に捨てましょう。たばこの吸い殻は、灰皿か携帯用吸い殻入れに捨てましょう!
特に多くの人が往来する駅前は、地域の顔となる所です。そこで、散乱防止重点区域として、JR明石駅、西明石、朝霧、大久保、魚住、山電東二見の各駅周辺の6ヵ所を指定しています。

ポイ捨ての苦情やご相談は、市民生活局環境保全課(電話/078-918-5030)へ。

飼い犬のふんの放置の禁止

飼い主は、飼い犬のふんを放置してはなりません。ふん害を防止し、市民の良好な生活環境が損なわれないよう努めてください。

飼い犬のふんの放置にお困りの方は、市民生活局環境保全課(電話/078-918-5030)へ。

 

ポイ捨て・ふん害防止条例啓発リーフレットは資料(事業概要・各種パンフレット)をご覧ください。

環境月間

6月を「クリーンアップ明石」環境月間、10月を「アイ・ラブあかし」秋の環境月間とし、環境の保全への取り組みに関心と理解を深めていただく期間にしています。

 

お問い合わせ

明石市市民生活局環境総務課

兵庫県明石市大久保町松陰1131

電話番号:078-918-5029

ファックス:078-918-5586