ホーム > 健康・福祉 > 障害者 > 障害者への投票支援について

ここから本文です。

更新日:2014年12月12日

障害者への投票支援について

障害者の外出支援として市が実施している移動支援事業は、投票のために投票所等へ出向く際にも適用できます。

移動支援事業とは

障害者及び障害児が、自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、地域の特性や利用者の状況に応じて実施される「地域生活支援事業」の中でも必須事業として位置づけられるサービスの一つで、社会生活上必要不可欠な外出や、余暇活動など社会参加のための外出時の支援を行うサービスです。

対象者

  1. 全身性障害者(児)(肢体不自由1級の身体障害者手帳所持者又は難病患者等で、両上肢及び両下肢機能の障害がある人)
  2. 知的障害者(児)で、外出時の付き添いが必要であると市が判断した人
  3. 精神障害者(児)で、外出時の付き添いが必要であると市が判断した人
  4. 視覚障害者(児)(ただし、同行援護の支給決定を受けている人はそちらを利用してください)

費用負担

サービスにかかる費用の1割を負担してください(申請者等の課税状況により軽減制度があります)。

利用にあたって

サービス利用受給者証をすでにお持ちの人はすぐにサービスを利用できますが、新たにサービスを利用する人は申請が必要です。市職員による聞き取り調査等が必要ですので、申請から決定までには時間がかかります。利用される場合は、事前にお問い合わせください。

お問い合わせ

明石市福祉局障害福祉課

兵庫県明石市中崎1丁目5-1

電話番号:078-918-1344

ファックス:078-918-5244

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?