ホーム > 健康・福祉 > 介護保険 > 介護保険事業者向け > 特定福祉用具購入・貸与

ここから本文です。

更新日:2022年7月27日

特定福祉用具購入・貸与

目次

特定福祉用具購入費について

要介護(要支援)認定者が、福祉用具を購入した時に支給される「福祉用具購入費」については、「指定特定福祉用具販売事業者」として指定された販売事業者からの購入にのみ、特定福祉用具購入費が支給されます。

購入内容

【支給限度基準額】
要介護区分に関係なく、同一年度で10万円まで(このうち原則として1割、2割、3割のいずれかが自己負担です)

【支払方法】
償還払い(購入後、利用者からの申請により、購入金額の9割~7割を利用者指定の口座に振り込みます。)

【対象となる福祉用具】
1.腰掛便座(便座の底上げ部材を含む)
2.特殊尿器(自動排せつ処理装置の交換部品)
3.入浴補助用具(入浴用いす、浴槽用手すり、浴槽内いす、入浴用ベルトなど)
4.簡易浴槽
5.移動用リフトのつり具部分

申請に必要な書類

介護保険居宅介護(介護予防)福祉用具購入費支給申請書(ワード:59KB)

福祉用具サービス計画書
・領収書(原本を提出しない場合は、提出用の写しとその原本を両方持参ください。)
・製品が掲載されているカタログ等の写し
詳しくは「特定福祉用具販売計画の取り扱い(PDF:59KB)」をご覧ください。

軽度者に対する福祉用具貸与の取扱い

軽度者(要支援1、2、要介護1)に対象となっていない福祉用具を貸与する場合は、平成18年4月施行の例外規定により、給付の対象となる状態像であるかを確認(認定調査票の結果を確認)してください。その対象外となった場合には、平成19年4月及び平成21年4月施行の例外給付を検討してください。必要と判断され、申請が必要な場合には「福祉用具貸与例外給付承認申請書」を市へ提出してください。
※平成18年4月、平成19年4月及び平成21年4月施行の例外規定に基づく取り扱いについては、「事務処理手順」を参照してください。

事務処理手順(PDF:220KB)

※承認期間中に居宅介護支援事業所が変わった場合、被保険者の状態に変わりがなく、引継ぎの際に福祉用具貸与例外給付承認通知書により、貸与の必要性が確認されている場合は申請不要です。

様式

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

明石市福祉局高齢者総合支援室

兵庫県明石市中崎1丁目5-1

電話番号:078-918-5091

ファックス:078-919-4060