ホーム > 市政情報 > 広報 > 連載「明石のたからもの」 > 連載 明石のたからもの-8 明石ノリ

ここから本文です。

更新日:2014年2月1日

連載 明石のたからもの-8 明石ノリ

タコやタイに続き、明石の海の誇るブランドと言われる明石ノリ。明石近海は、速い潮の流れや海水中の豊富な栄養分、適度な水温など、ノリの養殖に最適な条件がそろっています。そのため、明石ノリは、味の良さはもちろんのこと、黒くてツヤがあり、香りが良い逸品として、多くの人に親しまれています。

 色・ツヤ・香りが絶品の明石ノリ

【写真】色・ツヤ・香りが絶品の明石ノリ

 

収穫量は全国トップクラス

 明石ノリの収穫量は、第1位の佐賀市(佐賀県)4万9820トン、第2位の熊本市(熊本県)2万2050トンに次いで、全国第3位となる1万7960トン。全国トップクラスの収穫量を誇ります。(平成23年海面漁業生産統計調査より)

 

明石ノリができるまで

冬(12月~3月ごろ)が旬の明石ノリですが、養殖の準備は夏から始まります。明石ノリができるまでの行程を紹介します。

 

①糸状体(しじょうたい)培養

夏の間、カキの殻を使って、ノリの胞子をつくりだす糸状体を培養します。

 ↓

②採苗・育苗(さいびょう・いくびょう)

ノリの網にノリの胞子(ノリの種)をつけます。その後、ノリ網を海上に張り込む「浮き流し漁場」という方法で養殖します。

 ↓

③収穫(刈り取り)

もぐり船という船でノリが育った網の下にもぐりこんで、ノリを収穫(刈り取り)します。収穫されたノリは、加工場へ運び込みます。

 モグリ船

【写真】ノリを刈り取る船(もぐり船)

④攪拌(かくはん)

刈り取ったノリをタンクに入れ、洗います。その後、異物除去機にかけ、ゴミを取り除きます。

 ↓

⑤刻み・抄き(すき)・乾燥

ノリを細かく刻み、1枚1枚機械で抄いたノリをすのこに張り付け、乾燥機で乾燥します。

機械を使いノリ抄き、すのこへの貼り付け、乾燥を行います 

【写真】機械を使いノリ抄き、すのこへの貼り付け、乾燥を行います

⑥検査・出荷

できあがったノリは、センサーでチェックするとともに、人の目で1枚1枚ていねいに確認します。その後、品質・等級ごとに区別され、出荷されます。

 最後は人の目で1枚1枚ていねいに確認します

 【写真】最後は人の目で1枚1枚ていねいに確認します

 

先人の思いが生み出した明石ノリ

タイやタコを始めとした海の幸に恵まれる明石ですが、今ほど漁の方法が発達していなかった50年ほど前は、海が荒れる冬場は長い期間漁に出られず、港は閑散としていました。そこで、冬場もノリの生産で活気があった県西部を参考に、ノリの養殖が始められました。ところが、冬の明石特有の強い西風により、網が流されてしまい、当初は少量しか収穫できませんでした。また、収穫できたとしても、上手く商品化することができず、上級品の半額以下に買いたたかれることもありました。
しかし、生産者と市などが一丸となり、養殖方法の研究や網の材質の改良などを重ねた結果、生産量が増えるとともに、品質が高まり、今や明石の一大ブランドとなっています。

最盛期には、たくさんの刈り取り船が沖に出ます

【写真】最盛期には、たくさんの刈り取り船が沖に出ます

お問い合わせ

明石市政策局広報課

兵庫県明石市中崎1丁目5-1

電話番号:078-918-5001

ファックス:078-918-5101

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?