ここから本文です。

更新日:2022年12月8日

AED(自動体外式除細動器)

aed_photo

明石市では、市立の全小中学校や多数の市民等が来訪する施設、高齢者利用施設、スポーツ関連施設等にAED(エーイーディー:自動体外式除細動器)を設置しています。※市管理施設等152ヵ所、合計165台設置(2022年9月現在)

AED設置施設

また、AED設置施設の関係職員をはじめ、市職員に対しAEDの使用方法や心肺蘇生法等の応急手当を習得することを目的に、市民救命士講習を実施しています。

AEDの使用をためらわないで

心臓突然死の原因である心室細動(心臓の痙攣)を止めるためには、AEDによる電気ショックが有効であり、必要な時に躊躇なくAEDを使用することが大切です。

電気ショックが1分遅れるごとに、救命率は10%ずつ低下すると言われており、救助者が衣服を脱がせることを躊躇してAEDの使用が遅れるような事態は避けなければなりません。

あくまでAEDの使用を優先し、下記を参考に要救助者への配慮をお願いします。

AEDを使用するときは、2枚のパッドを素肌に貼りますが、服をすべて脱がせる必要はなく、下着をずらして貼ることで対応できます。

また、パッドを貼ったあと、その上から服などをかけて肌を隠すようにしても、AEDの機能に影響はありません。

AEDの設置者・管理者は、性別に関係なくAEDを使用できるよう、またAEDの使用に対する心理的抵抗感を軽減できるよう、啓発にご協力をお願いいたします。

aed_tamerawanaide

AEDを使うのをためらわないで!(PDF:233KB)

※ダウンロードして、AEDの近くに貼りつけるなどしてお使いください。

関連ページ

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

明石市総務局総合安全対策室

兵庫県明石市中崎1丁目5-1

電話番号:078-918-5069

ファックス:078-918-5140