ホーム > 健康・福祉 > 地域福祉 > 民生委員・児童委員

ここから本文です。

更新日:2019年12月20日

民生委員・児童委員

民生委員・児童委員とは

地域住民の立場にたって地域の福祉を担うボランティアです。

民生委員は、民生委員法に基づいて厚生労働大臣から委嘱された非常勤特別職の地方公務員です。給与は支給されないボランティアの活動として、それぞれの地域において、常に住民の立場に立って相談に応じ、必要な援助を行い、社会福祉の増進に努めています。

また、民生委員は児童福祉法に定める児童委員を兼ねることとされています。児童委員は、地域の子どもたちが元気に安心して暮らせるように、子どもたちを見守り、子育ての不安や妊娠中の心配ごとなどの相談・支援等を行います。

民生委員・児童委員制度は全国統一の制度であり、明石市では定数411人の民生委員・児童委員が活動しています。

主任児童委員とは

子どもや子育てに関する支援を専門に担当する民生委員・児童委員です。

民生委員・児童委員の一部(明石市内で29人)は、厚生労働大臣により主任児童委員に指名されています。

主任児童委員は、子どもや子育てに関する支援を専門に担当する民生委員・児童委員で、1994年(平成6年)1月に制度化されました。

担当区域を持たず、区域担当の民生委員・児童委員と連携しながら子育ての支援や児童健全育成活動などに取り組んでいます。

民生委員・児童委員の活動内容(7つのはたらき)

地域を見守り、地域住民の身近な相談相手、専門機関へのつなぎ役です。

①社会調査

担当区域内の住民の実態や福祉ニーズを日常的に把握します。

②相談

地域住民が抱える課題について、相手の立場にたち、親身になって相談にのります。

③情報提供

社会福祉の制度やサービスについて、その内容や情報を住民に的確に提供します。

④連絡通報

住民がそれぞれのニーズに応じた福祉サービスを得られるよう、関係行政機関、施設、団体等に連絡し、必要な対応を促すパイプの役割をはたします。

⑤調整

住民の福祉ニーズに対応し、適切なサービスの提供が得られるように支援します。

⑥生活支援

住民が求める生活支援活動を自ら行ない、また支援体制をつくっていきます。

⑦意見具申

活動を通じて得た問題点や改善策について取りまとめ、必要に応じて民児協をとおして関係機関等に意見を提起します。

民生委員制度しくみ

本市における民生委員・児童委員の活動をご紹介します。

本市における民生委員・児童委員の活動

民生委員・児童委員のマーク

民生委員・児童委員マーク

1960年(昭和35年)に公募で選ばれたものです。幸せのめばえを示す四つ葉のクローバーをバックに、民生委員の「み」の文字と児童委員を示す双葉を組み合わせ、平和のシンボルの鳩をかたどって、愛情と奉仕を表しています。

  民生委員・児童委員の日

2017年(平成29年)、民生委員制度は、済世顧問制度創設から100周年を迎え、児童委員制度は、児童福祉法の公布により1947年(昭和22年)に創設されてから70周年を迎えました。

民生委員制度は、1917年(大正6年)に岡山県で創設された「済世顧問制度」を源としています。この済世顧問の設置に関する規程が同年5月12日に交付されたことから、全国民生委員児童委員連合会では、民生委員・児童委員をより多くの人々に知っていただくことと民生委員・児童委員の意識を高めることを目的に、毎年5月12日を「民生委員・児童委員の日」、また、この日から1週間(5月12日~18日)を「活動強化週間と定めています。

   「民生委員・児童委員の日」PR活動の取り組み 

民生委員になるには

 住民の方(本市議会の議員の選挙権を有する人)で、その地域の実情をよく知り、福祉活動やボランティア活動などに理解と熱意があるなどの要件を満たす人が、民生委員・児童委員に選ばれる対象になります。

具体的には、次の手順で選ばれます。

自治会・町内会など 候補者を明石市民生委員推薦会へ推薦

     ▼

民生委員推薦会 民生委員・児童委員としてふさわしいことを確認し、明石市社会福祉審議会民生委員審査専門分科会へ推薦

      ▼

社会福祉審議会 民生委員・児童委員としての適否を審査し、厚生労働大臣へ推薦

      ▼

厚生労働大臣 民生委員・児童委員として委嘱

 

   あなたも民生委員・児童委員として活動してみませんか?

   民生委員・児童委員による感動を呼ぶ体験談

民生・児童協力委員とは

明石市民生・児童協力委員配置要綱に基づき、民生委員・児童委員(主任児童委員を除く)1人につき2人の民生・児童協力委員がサポートする体制をとっています。

民生・児童協力委員の活動内容

1 地域住民の生活状況を適切に把握し、必要な情報を民生委員・児童委員に連絡通報すること。

2 高齢者、障害者、児童等のいる家庭への友愛訪問等を行うこと。

3 市の福祉施策の普及啓発を行うこと。

4 その他地域の福祉活動に協力すること。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

明石市福祉局地域共生社会室地域福祉担当

明石市中崎1丁目5-1

電話番号:078-918-5168

ファックス:078-918-5051