ホーム > まちづくり・産業 > 道路 > 道路維持 > 冬季の路面凍結によるスリップ事故にご注意を!

ここから本文です。

更新日:2018年4月1日

冬季の路面凍結によるスリップ事故にご注意を!

明石市内では冬季に多くの箇所で路面の凍結が見られます。スリップ事故は気温が0度前後の時に発生しやすいですが、0度を上回っていても、朝方や日没後には注意が必要です。

また、橋(陸橋を含む)や日陰部分(ビル陰や高架下)などが凍結しやすくなります。下記は市内の凍結しやすい地点の一例です。これら以外にも日当たりや風向きなどにより路面凍結は発生しますので、通行の際は注意してください。

現場1

大蔵朝霧線JR跨線橋

現場2

魚住支所前JR跨線橋

現場3

嘉永橋

時のわらし

特に坂道は注意してください。

凍結防止剤の設置

市では、12月から3月にかけて、冬季の路面凍結に備えて路面凍結の発生しやすい市道に凍結防止剤を配置する場合があります。凍結防止剤はビニール袋に封入されていますが、傘の先などで突くなどして袋が破損すると、水分がしみこんで固化し、緊急時に使用できなくなりますのでご注意願います。

現場4 現場5

お問い合せ

道路整備課  電話/(直通)078-918-5033

(大代表)078-912-1111

お問い合わせ

明石市都市局道路整備課

兵庫県明石市中崎1丁目5-1

電話番号:078-918-5033

ファックス:078-918-5108