ホーム > よくある質問 > よくある質問:建築・開発 > 建設リサイクル法の届出が必要な工事とはどのような工事ですか?

ここから本文です。

更新日:2017年9月8日

建設リサイクル法の届出が必要な工事とはどのような工事ですか?

質問

建設リサイクル法の届出が必要な工事とはどのような工事ですか?

回答

特定建設建材(コンクリート、コンクリート及び鉄からなる建設資材、木材、アスファルト・コンクリート)を使用または排出する工事で、下記の工事規模です。詳しくは、関連リンク「建設リサイクル法」をご覧ください。

・建築物の解体の場合は床面積の合計80㎡以上
・建築物の新築、増築の場合は床面積の合計500㎡以上
・建築物の修繕、模様替え(リフォームなど)の場合は請負金額1億円以上(税込み)
・建築物以外の解体、新築(土木工事など)の場合は請負金額500万円以上(税込み)
 
※届出先は明石市内の工事の場合、明石市役所 開発審査課(本庁舎7F)です。

お問い合わせ

明石市都市局開発審査課

兵庫県明石市中崎1丁目5-1

電話番号:078-918-5087

ファックス:078-918-5109

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?