ここから本文です。

更新日:2018年4月25日

建築基準法の各種取扱いについて

各種取扱いについて

このページでは、建築基準法の取扱いについて、ご質問の多い事項をご案内しています。

  1. 建築主等を変更する場合の取扱いについて
  2. 工事を取り止める場合の取扱いについて
  3. 用途地域ごとの形態制限の取扱いについて
  4. その他、よくあるご質問について

 1 建築主等を変更する場合の取扱いについて

建築主の氏名・代理者・工事監理者・工事施工者・申請地の地名地番を建築確認後に変更される場合は、「建築主等変更(選定)届」(明石市建築基準法施行細則様式第11号)に記載し、変更手続きを行ってください。
また、建築確認時「未定」であったものも同様の方法で手続きを行ってください。

なお、変更手続きは、当該申請の確認済証が交付された指定確認検査機関、特定行政庁で行ってください。また、指定確認検査機関へ申請された場合の「建築主等変更(選定)届」の様式は当該指定確認検査機関の様式で提出してください。

必要な書類としては以下のものです。

  • 建築主等変更(選定)届2部
  • 確認申請書(副本)
  • 確認済証
  • 建築計画概要書(変更前は赤字、変更後は黒字による2段書きをしてくだい。)
  • 委任状(申請者、代理者が変更となる場合)も必要となります。

※建物が完成し、検査済証交付後は上記の手続きはできません。

▲トップに戻る

 2 確認申請を取り下げる場合または、工事を取りやめる場合の取扱いについて

建築確認申請を取り下げる場合または、建築確認後の工事を取りやめる場合は、「取下げ・取りやめ届」(明石市建築基準法施行細則様式12号)に記載し手続きを行ってください。また、確認後同一場所に異なる確認申請を提出される場合も、前回の申請に対して同様の手続きを行う必要があります。

取りやめ届けに関する手続きは、当該申請の確認済証が交付された指定確認検査機関、特定行政庁で行ってください。また、「取りやめ届」の様式は、指定確認検査機関へ手続きされる場合は、当該指定確認検査機関の様式で提出してください。

必要な書類として以下のものです。

  1. 取りやめ届(取下げ届)   2部
  2. 確認申請書(副本)
  3. 確認済証(工事を取りやめる場合のみ)

 3 用途地域ごとの形態制限内容について

明石市内の各用途地域の建ぺい率、容積率、斜線制限、日影規制の制限内容は「明石市における各用途地域の形態制限内容」(PDF:5KB)」を参照してください。

▲トップに戻る

 4 その他、確認申請に関するよくあるご質問について

  1. 角地緩和について
    Q.建築基準法第53条第3項第2号の規定による、明石市が指定する街区の角にある敷地とは?
    A.明石市建築基準法施行細則第16条(PDF:57KB)を参照してください。
  2. 日影規制について
    Q.建築基準法第56条の2、別表第4の規定による日影の制限時間は?
    A.このページの「用途地域ごとの形態制限内容について」を参照してください。
  3. 建築基準法第42条の道路種別について
    Q.道路種別は?
    A.建築安全課建築安全係(市役所本庁舎7階)窓口で直接ご確認ください。
  4. 建築基準法第22条の地域について
    Q.法第22条地域とはどのような地域か?
    A.「建築基準法第22条区域について(PDF:126KB)」を参照してください。
  5. 垂直積雪量について
    Q.建築基準法施行令第86条第3項の明石市が規則で定める数値とは?
    A.30センチメートルです。(明石市建築基準法施行細則第2条の3参照)
  6. 風圧力算定のためのVoについて
    Q.明石市におけるVoの値は?
    A.34(m/s)です。(平成12年5月31日旧建設省告示1454号第2(三)参照)

▲トップに戻る

関連ページ

お問い合わせ

都市局住宅・建築室建築安全課

建築確認(目次)のページへ戻る

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

明石市都市局建築安全課

兵庫県明石市中崎1丁目5-1

電話番号:078-918-5046

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?