ホーム > 子ども・教育 > 保育士になるなら明石市へ > 保育士になるなら明石市へ‐待遇を充実させました‐

ここから本文です。

更新日:2017年5月24日

保育士になるなら明石市へ-待遇を充実させました-

1.保育士のお子さんを優先的に保育所に入所していただけます

平成28年12月から、市内の保育施設(保育所、認定こども園)に就労中、または、就労予定の保育士の児童について、優先的に市内の保育所に入所できるようになりました。

1.対象児童
・市内の保育施設に月64時間以上就労中、または就労予定の保育士の児童
・明石市に居住する児童だけでなく、市外に居住する児童も対象

2.就労対象施設
・市内の保育施設(認可の保育所、認定こども園)
・既存の施設だけでなく、今後開設予定の施設も対象

3.条件
就労予定で入所した場合は、入所当月中に就労予定施設で実際に就労することが条件です

2.就職一時金を最大30万円支給します―県内初―

1.新卒保育士等

市内の民間保育所等へ就労する新卒保育士等に対し、3年間で最大30万円(採用時10万円、以降1年勤務するごとに10万円)を支給します。

2.潜在保育士

結婚、出産、子育てなどで保育士として働いていない資格所有者(潜在保育士)が市内の民間保育所等へ就労する場合に、県保育協会が実施する保育人材確保対策貸付事業とは別に、市の単独補助として10万円(採用時)を支給します。

県保育協会が実施する保育人材確保貸付事業とは、

(1)潜在保育士が保育士として勤務することが決定した場合、就職準備金(40万円、2年間の勤務後返済免除)の貸付

(2)未就学児の子どもをもつ潜在保育士が保育士として保育所への勤務を希望する場合、その保育士の未就学児の子どもを優先的に入所させるとともに保育料の2分の1(貸付を受ける方1人につき月額27,000円が上限、2年間の勤務後返済免除)の貸付

等があります。

詳しくは公益社団法人兵庫県保育協会(外部サイトへリンク)へお問い合わせください。

3.家賃負担を月額最大82,000円軽減―県内初―

私立保育所等が借り上げたマンション等に保育士が入居した場合、明石市と私立保育所等で合わせて82,000円を限度に家賃負担を軽減します。

1.制度概要
私立保育所等がマンション等を借り上げ、対象保育士が就労のために入居した場合に、その私立保育所等に家賃等を補助する制度です。

※就労した私立保育所等によっては、対象保育士の一部自己負担額が発生する場合があります。詳しくは各私立保育所等にお問い合わせください。

2.対象保育士
・所定労働時間が1日あたり6時間以上かつ月に20日以上の保育士
・保育所等に採用されてから5年以内、かつ平成25年度以降に採用された方
・保育所等から住居手当を支給されていない方

3.対象経費
家賃、管理費、共益費(礼金・敷金等を除く)に対し最大82,000円(月額)を補助対象とします。

4.実施時期
平成28年12月1日以降、制度を利用する法人からの申請受付を開始します(11月入居開始分から補助対象となります)。

4.保育士の給与改善を支援します

保育士への給与改善を実施した私立保育所等に対して、月額給与増額分(最大20,000円)の2分の1、10,000円を限度に助成します。

5.その他

1.保育士試験が年2回実施に

保育士資格を取得するためには、指定保育士養成機関で所定の課程・科目を履修し卒業するほか、保育士試験を受験し合格する方法がありますが、年1回だった受験機会が平成28年度から年2回実施に拡大されています。

保育士試験の詳細につきましては、一般社団法人全国保育士養成協議会(外部サイトへリンク)へお問い合わせください。

 

お問い合わせ

明石市福祉局待機児童緊急対策室

兵庫県明石市中崎1丁目5-1

電話番号:078-918-5267

ファックス:078-918-5163

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?