ホーム > まちづくり・産業 > 交通政策 > 交通安全 > 自転車の運転マナー

ここから本文です。

更新日:2020年7月1日

安全に自転車に乗る為に

このページは、自転車に乗る時に気を付けるポイントを掲載しています。

自転車の交通安全

自転車は手軽に乗れる乗り物ですが、車の仲間です。ルールを守らないと事故を起こす原因になります。

 明石オリジナルの自転車の安全利用ガイドブックで、しっかりルールやマナーを学びましょう。

自転車の安全利用ガイドブック(PDF:8,656KB)

 中学生向けのリーフレットです。

知っていますか?自転車のホントのルール(PDF:1,231KB)

交差点では特に注意

安全に自転車を運転するために次の点に注意しましょう。

  • 一時停止の標識がある交差点や見通しの悪い交差点では、交差点の直前で停止し、しっかりと左右の安全確認を行ってから走行しましょう
  • 交差点では、安全な速度と方法で走行しましょう

自転車事故により、加害者として高額な賠償請求をされるケースもあるため、万一に備え自転車事故に適用のある保険に加入しましょう。

自転車安全利用五則

  1. 自転車は車道が原則、歩道は例外
  2. 車道は左側通行
  3. 歩道は歩行者優先で、車道寄りを徐行
  4. 安全ルールを守る
  5. 子供はヘルメットを着用

安全ルール

  • 飲酒運転・二人乗り・並進の禁止
  • 夜間はライトを点灯
  • 交差点での信号遵守と一時停止・安全確認

自転車交通安全教室の取組

スタントマンによる自転車交通安全教室

明石市では、主に市内の高校生を対象に、スケアード・ストレイト方式※と呼ばれる手法の交通安全教室を実施しています。

令和元年10月30日、明石商業高校、県立明石北高校でスケアード・ストレイト交通安全教室を開催しました。高校生達はスタントマンの迫力ある交通事故の再現に恐怖と驚きの表情。また、その中で交通ルールの重要性と交通安全意識の大切さを学びました。

※スケアード・ストレイト方式とは、スタントマンにより模擬的に交通事故を再現して、交通事故の恐怖を体感させることでそれにつながる危険行動を抑止する手法です。

sukea-do1

sukea-do2

自転車の交通安全教材

教材ダウンロード

自転車の安全利用ガイドブック(PDF:8,656KB)

 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

明石市都市局交通安全課

兵庫県明石市中崎1丁目5-1

電話番号:078-918-5036

ファックス:078-918-5110