ホーム > まちづくり・産業 > 交通政策 > 交通安全 > 交通安全チェックポイント

ここから本文です。

更新日:2020年7月1日

交通安全チェックポイント

このページは、交通事故に遭わないために気を付けるポイントを掲載しています。

道路で遊ばないようにしましょう

道路で遊んでいる子どもを見かけるという声が寄せられています。

家の前など、生活道路でも車両が通行する道路です。

遊びに夢中になると、車両に気付きにくくなるため、危険性が高まります。

安全な場所で遊ぶようにしましょう。

保護者の皆様へ

交通安全は日頃からの教育で培われる部分が多くあります。

大切な子どもの命を守るため、適切な教育をお願いします。

 

あおり運転が厳罰化されます 令和2年6月30日施行       

 自動車、自転車ともに危険とされる妨害運転が厳罰化されます。

 危険行為や罰則の詳細については、下記にて記載しておりますのでご確認ください。

あおり運転が罰則化されます!(PDF:412KB)

「ながら」運転、厳罰化されます 令和元年12月1日施行

 運転中に携帯電話などを使用すると、罰則等によって厳しく処罰・処分されます。          イラストながら運転

改正施行後、「ながら運転」の処罰・処分はどうなる?(PDF:268KB)                         

「ながら運転厳罰化」以外の主な改正点は?(PDF:162KB)

ながらスマホは事故のもと

歩きながらや運転しながらのスマートフォンや携帯電話などの操作は、交通事故のもとです。

スマートフォン向けゲームは正しく安全に

最近では、スマートフォン向けゲームに熱中し過ぎるあまり、ながらスマホをしてしまい事故や事件につながるケースが多数報告されています。

ゲームをするときは、安全な場所で必ず止まってからするようにしましょう。

なぜ、危険なのか

まわりの状況が分からなくなる

画面に集中してしまい、道路の状況やどこを歩いているのか分からなくなります。

実際に、駅のホームから転落したり、段差で転倒したり、人とぶつかり暴行事件になるなど、事故や事件が数多く発生しています。

また、携帯電話やスマートフォンに夢中になり、車にぶつかりそうになる場面も見られます。

注意力がなくなる

画面を見ていると、それ以外のことがおろそかになります。

人間は2つ以上のことを同時にすることはできません。

自転車や自動車の運転中に携帯電話を使用すると、法律違反であるうえに、その危険性は言うまでもありません。

早めのライト点灯運動

夕暮れ時や早朝などの薄暗い時間帯は、早めにライト点灯することで、相手を早く発見することができるとともに、車両の存在を早く知らせることができます。

交通事故防止のために、薄暗くなる前にライト点灯するようにしましょう。

早めのライト点灯推奨時間

期間

点灯時間

4月から9月

午後5時

10月から3月

午後4時

 

明るい服装と反射材の活用

自分は車が見えていても、車から自分の存在が見えているとは限りません。

夜間や薄暗い時間帯は、特に白っぽい明るい服装を心がけ、反射材を活用しましょう。

飲酒運転の根絶

飲酒運転は、重大事故に直結する犯罪行為です。その危険性を市民一人ひとりが認識し、飲酒運転の根絶に向け、再度意識の徹底をお願いします。

ハンドルキーパー運動

自動車で仲間と飲食店などへ行く場合に、お酒を飲まない人(ハンドルキーパー)を決め、その人が仲間を自宅まで送り届ける運動です。

飲酒運転追放「三ない運動」

  • お酒を飲んだら車を運転しない

  • 運転するときはお酒を飲まない
  • 運転する人にはお酒を飲ませない

万が一に備えたシートベルトの着用

シートベルトは、交通事故の発生時に車外放出防止や車内での衝突防止など、被害の軽減を図ることができます。

車に乗るときは、後部座席を含む全ての座席でシートベルトを着用しましょう。

また、子どもには体格に合わせたチャイルドシートを正しく取り付けるようにしましょう。  

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

明石市都市局交通安全課

兵庫県明石市中崎1丁目5-1

電話番号:078-918-5036

ファックス:078-918-5110