ホーム > 健康・福祉 > 地域福祉 > 明石市における更生支援の取り組み > 明石市更生支援コーディネート事業

ここから本文です。

更新日:2019年12月4日

明石市更生支援コーディネート事業

明石市更生支援コーディネート事業について

個別的な支援の相談については、社会福祉士が対象者本人と面談し、明石市に帰ってくる際の支援のアセスメントとコーディネートを行う、「更生支援コーディネート事業」に取り組んでいます。
入口支援については、被疑者と深くかかわる神戸地方検察庁明石支部と明石警察署との間で協議を行い、支援が必要な被疑者が発見された際には連携して支援を実施しています。
平成29年度からは、刑務所から出所する人に対して支援を行う出口支援についても、法務省(神戸刑務所、神戸保護観察所等)とも連携しています。
平成30年10月以降は、明石市社会福祉協議会に事業委託して対象者の支援を行っています。

対象者

知的障害者(療育手帳を持っている方、またはその疑いがある方)
認知症またはその疑いがある高齢者(原則65歳以上の方)

対象となる犯罪 万引き(被害軽微なもの)、無銭飲食、建造物侵入などの比較的軽微な犯罪
支援の一例:生活保護申請の同行、発達診断・各種障害者手帳申請、障害年金申請、計画相談(障害)/ケアマネジメント業務(高齢)、日中居場所支援の調整(生活介護、就労継続支援事業所など)、法定後見申立など財産管理に関する支援の調整

 

【更生支援コーディネート事業のイメージ図】

イメージ図

お問い合わせ

明石市福祉局地域共生社会室共生社会づくり担当(更生支援)

明石市中崎1丁目5-1

電話番号:078-918-5286

ファックス:078-918-5196