ここから本文です。

更新日:2019年4月1日

埋蔵文化財の取り扱いについて

住宅建設(新築・建替工事)・店舗建築など各種開発事業を予定している個人・法人の方へ

「埋蔵文化財」とは、地中に埋蔵されている状態の文化財であり、本来であれば地中に埋蔵された状態のまま保存されるべきものですが、住宅建設や店舗建設などの開発事業によって、破壊されるケースが少なくありません。

そのため、住宅建設や開発事業を行う予定の土地が埋蔵文化財を包蔵する土地、つまり「埋蔵文化財包蔵地」であるかどうかを照会していただく必要があります。下記の「埋蔵文化財の包蔵地所在照会書」に必要項目をご記入の上、直接お越しいただくか、もしくはファックスにて下記までお問い合わせください。

なお、埋蔵文化財包蔵地内で掘削を伴う開発事業を行う場合は、事前に確認調査を行うことがあるほか、包蔵地外であっても開発事業の内容によっては試掘調査が必要になることがあり、調査に伴う書類の提出が必要となります。また、確認調査や試掘調査を行った結果、開発事業を行うことによって埋蔵文化財は破壊されると判明した箇所については、記録保存のために本発掘調査(全面調査)を行うこととなり、改めて書類の提出をお願いすることがあります。

確認調査・試掘調査および本発掘調査に係る費用は原則的に原因者(開発事業を行う個人・法人の方)の負担になりますが、個人住宅建設にかかる本発掘調査については、調査費用を助成する制度があります。

提出書類や発掘調査の取り扱いについてご不明な点がありましたら、併せて下記までお問い合わせください。

 

埋蔵文化財包蔵地の確認方法

こちらの様式の上部にご記入いただき、対象地の地図を添付の上、文化財係まで直接お越しいただくか、ファックスでご照会ください。

具体的に土木工事等が決定される前(開発行為の企画・策定段階)から協議を行っていただければ、後の調整がよりスムーズに進みます。

 

お手続きについて

埋蔵文化財包蔵地内で土木工事等を実施しようとする場合は、工事の60日前までに、文化財保護法第93条により届出が義務付けられています。また、埋蔵文化財包蔵地外であっても、開発事業の内容によっては市条例に基づき書類の提出が必要となります。

 

周知の埋蔵文化財包蔵地

提出書類

添付図面
  • 位置図、土地利用計画図(配置図、1階平面図等)、基礎伏図、基礎断面図、現況写真(カラー写真)

 

周知の埋蔵文化財包蔵地に近接(100m以内)または敷地面積が500㎡を超える場合

提出書類

添付図面
  • 位置図、土地利用計画図(配置図、1階平面図等)

 

記入上の注意(PDF:182KB)及び記入例(PDF:158KB)

 

工事内容や周辺の遺跡状況をふまえて、確認調査もしくは試掘調査が必要と判断した場合は、電話連絡をします。必要がないと判断した場合は、文書で通知します。

 

調査方法や日程調整について

確認調査もしくは試掘調査が必要な場合、明石市ではユンボとユンボを操るオペレーターのご用意を事業者の方にお願いしています。

調査を行い、開発工事が遺跡に影響を与えることが避けられない場合、本発掘調査となります。

 

お問い合わせ

明石市市民生活局 文化・スポーツ室 文化振興課 文化財係

〒673-0846
兵庫県明石市上ノ丸2丁目13-1(明石市立文化博物館1階)

電話番号:078-918-5629  ファックス:078-918-5633

【執務時間】 火曜日~土曜日 午前8時55分~午後5時40分
日曜日、月曜日及び祝休日は休みです。
※月曜日が国民の祝休日と重なるときは、翌日の火曜日も休みとなります。

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

明石市市民生活局文化振興課文化財係
兵庫県明石市上ノ丸2丁目13-1(明石市立文化博物館1階)
電話番号:078-918-5629
ファックス:078-918-5633