ホーム > 健康・福祉 > 障害者 > 合理的配慮の提供を支援する助成制度

ここから本文です。

更新日:2019年4月23日

合理的配慮の提供を支援する助成制度

明石市では、障害のある人もない人もともに安心して暮らせる共生のまちづくりを推進していくために、商業者や地域の団体が障害のある人に必要な合理的配慮を提供するためにかかる費用を助成しています。

1 制度を利用できる団体

(1)商業者など民間の事業者

(2)自治会など地域の団体

(3)サークルなどの民間団体

2 助成の対象になるもの

合理的配慮を提供しやすくするための環境整備にかかる費用で、次のもの。

コミュニケーションツールの作成費(上限額5万円までは全額助成)

 点字メニューの作成費用、チラシ等の音訳にかかる費用、コミュニケーションボードの作成費用 など

物品の購入費(上限額10万円までは全額助成)

 ポータブルスロープや筆談ボードなどの購入費用

工事の施工費(上限額20万円までは全額助成)

 簡易スロープ(段差解消)や手すりなどの工事にかかる費用

3 助成制度利用の流れ

(1)相談・申請
 事業者や団体が実施したい内容を市に相談の上、申請する。

(2)利用決定・通知
 市が申請内容や添付書類を確認の上、決定して通知する。

(3)作成、購入、施工
 事業者や団体が必要なコミュニケーションツールの作成や物品の購入、工事を実施する。

(4)完了報告
 事業者や団体は作成や購入、工事が完了したら、市に報告する。

(5)交付額の決定
 市が実施した内容を確認し、交付額を決定して通知する。

(6)助成金の請求・交付
 事業者や団体は市に助成金の請求をして、交付を受ける。(コミュニケーションツールの作成元や物品の購入元、工事施工業者に市が直接かかった費用を支払う「受領委任払い」を選択することもできます。)

4 関係書類等

助成制度案内チラシ(PDF:405KB)

助成金交付申請書(PDF:80KB)

工事計画書(PDF:37KB)

完了報告書(PDF:86KB)

助成金請求書(PDF:87KB)

助成金請求書兼受領委任払い申請書(PDF:93KB)

助成制度要綱(PDF:131KB)

 5 助成制度をご利用いただいた配慮のある店舗

点字メニュー設置店一覧(PDF:86KB)    点字メニュー設置店一覧(テキスト:3KB)

筆談ボード設置店一覧(PDF:220KB)    筆談ボード設置店一覧(テキスト:23KB)

ポータブルスロープ設置店一覧(PDF:80KB)    ポータブルスロープ設置店一覧(テキスト:2KB)

段差解消等工事実施店一覧(PDF:43KB)   段差解消等工事実施店一覧(テキスト:1KB)

手すり取り付け等工事実施店一覧(PDF:68KB)    手すり取り付け等工事実施店一覧(テキスト:2KB)

その他助成制度利用店一覧(PDF:40KB)    その他助成制度利用店一覧(テキスト:1KB)

※所在地、電話番号情報などが最新でない場合があります。
  掲載している情報に誤りがある場合は、お手数ですが、下記お問い合わせまでお知らせください。

※店舗ではなく、事業所の情報を掲載している場合があります。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

明石市福祉局福祉総務課

兵庫県明石市中崎1丁目5-1

電話番号:078-918-5142

ファックス:078-918-5048

Eメール hukushi@city.akashi.le.jp