ホーム > 健康・福祉 > 障害者 > (仮称)あかしインクルーシブ条例の制定に向けて

ここから本文です。

更新日:2018年10月1日

(仮称)あかしインクルーシブ条例の制定に向けて

平成25年6月の障害者差別解消法の成立を契機として、本市では「手話言語・障害者コミュニケーション条例」や「障害者配慮条例」といった条例整備と合わせて、障害のある人もない人も誰もが安心して暮らせる「やさしいまちづくり」の実現に向けた様々な取組を、障害のある人や支援者、事業者などとともに推進してきました。
この経過を踏まえ、共生社会ホストタウン登録、中核市移行といった本市にとって新たな役割が付加される今、これまでの障害者施策の取組を「まちづくり」という幅広いフィールドの中で、より実効性の高い施策へと導くとともに、すべての市民が安心して暮らせるまち明石を実現するために、今後の包括的指針となる新たな条例を制定しようするものです。

検討会開催経過

回数をクリックすると配布資料等がご覧いただけます。

回数 開催日 内容
第1回 平成30年8月27日

・明石市の障害者施策の経過説明
・条例の趣旨説明
・各部会での意見交換
・バリアフリー法改正の内容紹介
・テーマごとに、委員・オブザーバーの意見交換
(民間施設、公共空間、交通・観光、災害、その他)

お問い合わせ

明石市福祉局福祉総務課

兵庫県明石市中崎1丁目5-1

電話番号:078-918-5142

ファックス:078-918-5048

Eメール:hukushi@city.akashi.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?