ここから本文です。

更新日:2020年10月26日

認知症の方への支援

「認知症あんしんプロジェクト」のお知らせ

詳しくはこちらから

「認知症理解促進研修」を開催します

 働き盛り世代の認知症に関する理解と、企業による取り組みを促進するための「VR認知症体験と講話」による研修を開催します。
  • 日時
     2020年(令和2年)11月24日(火曜日)午後1時から午後3時45分まで
  • 会場
     西明石ホテルキャッスルプラザ

     (〒673-0016明石市松の内2丁目2番地/TEL078-927-1111)

  • 対象
     市内在勤の事業主、産業保健師、企業で従業員の健康管理に携わる職員や認知症に関心のある職員
 

研修の詳細な内容、お申し込みにつきましては、兵庫県医師会のホームページをご確認ください。

兵庫県医師会(外部サイトへリンク)

 

認知症検診を受けて安心‐検診費用などを助成します‐

詳しくはこちらから
 <75歳以上の市民が対象> もしかして認知症?と思ったらチェックしてみよう!

認知症とは

認知症とは、
さまざまな原因で脳の働きが悪くなったために、さまざまな障害が起こり、日常生活を送るうえで支障が出ている状態を指します。
認知症は誰にも起こりうる脳の病気です。

自己診断をしてみよう

 認知症チェックシート(PDF:1,168KB)

 

75歳を迎えられたみなさまへ

2019年9月より、年度内に75歳を迎えられた方みなさまに、上記認知症チェックシート(明石市認知症早期支援事業「診断費等助成制度」のご案内)を順次お送りしています。

認知症は早期対応が大切ですが、検診や医療機関への受診になかなか踏み切れず症状が進行する場合もあります。早期に医療機関へ受診し、継続的な医療や介護、地域での支援につなげていただくことを目的としてご案内しています。

 

免許更新等で医師の診断が必要となった方へ(明石市民で75歳以上の方が対象)

運転免許更新時に認知機能検査等の結果、医師の診断書が必要となった場合に、認知症の診断に係る費用の助成が受けられる場合があります。

明石市認知症診断費用助成事業のご案内(最大7,000円の診断費用助成)(PDF:900KB)

※兵庫県運転免許センター(明石市荷山町)でも、本事業の案内書類は設置しています。

【問い合わせ】

高齢者総合支援室 高年福祉係 

窓口:本庁舎2階6番窓口 ※申請は来庁にてお願いします。

TEL:078-918-5288

認知症の相談窓口

認知症総合相談窓口

「認知症相談ダイヤル」 078-926-2200

受付時間:月曜~金曜日(年末年始、祝日を除く)
       午前8時55分~午後5時40分
所  在  地:明石市貴崎1丁目5-13 総合福祉センター1階 総合相談窓口内

 明石市社会福祉協議会(外部サイトへリンク)

相談窓口(地域総合支援センター)

  お住まいの地区を担当する地域総合支援センターをご利用ください。

  地域総合支援センター(PDF:5,430KB)

明石市高齢者福祉月間~認知症啓発推進の催し~(9月1日~30日) 

 平成30年度からすべての高齢者に敬意を表し、お一人お一人を応援するとともに、高齢者が地域で安心して暮らせる「やさしい地域共生社会」づくりを目指すため、9月を「明石市高齢者福祉月間」と位置付けます。

また、国際的にも毎年9月21日が「世界アルツハイマーデー」と設定されており、認知症に関しても、9月月間中に、認知症の正しい理解を深めていただくための啓発事業を集中的に実施しています。

認知症啓発推進の催し

 明石市高齢者福祉月間~認知症啓発推進の催し~のページへリンク

※令和元年度の募集は終了しました。

 

認知症に関するサービス、制度や取組み

認知症ケアパス(認知症ケアネット)

認知症ケアパスとは、認知症の症状の進行にあわせて、利用できるサービス、制度等の標準的な流れを示したものです。
兵庫県では、認知症の人と家族を包み込む支援の網(ネット)という意味で「認知症ケアネット」と呼ばれています。

明石市医師会、明石市社会福祉協議会等関係機関のご協力を得て、明石市でも作成しました。

認知症のキホン―もの忘れが気になったら読むガイドブック―(PDF:8,671KB)

※2019年9月改訂版

※冊子は、市窓口、地域総合支援センター等で配布しています。(在庫がない場合もございます)

 

認知症カフェ助成金交付

 認知症カフェとは、認知症になっても住み慣れた地域で安心して生活を継続できるよう、認知症の人とその家族、地域住民、専門職などが気軽に集い、お互いの悩みを話したり、情報交換をしながら楽しく過ごす集いの場です。

明石市認知症カフェ助成金交付制度について(PDF:186KB)

各申請書類等はこちら

平成31年度・令和元年度明石市認知症カフェ助成金交付団体一覧(PDF:126KB)

 認知症カフェへの参加・見学等をご希望される方で、連絡先を知りたい方は、高齢者総合支援室高年福祉係へお問い合せください。

高齢者総合支援室 高年福祉係(電話/078-918-5288)

地域で見守るための「認知症サポーター養成講座」

認知症サポーター

「認知症サポーター養成講座」を受けた人が「認知症サポーター」です。
認知症サポーターは何か「特別なこと」をする人ではありません。講座を通じて、認知症を正しく理解し、偏見を持たず、自分のできる範囲で認知症の人やその家族を応援するのが認知症サポーターです。職場や地域で、どんな支援ができるのかひとりひとりが考えていくことが大切です。

認知症サポーター養成講座

認知症の正しい理解を深めるため、講師(キャラバン・メイト)が市内各地に出向いて講座を開催します。「認知症とは何か?」「認知症の人にどのように接すれば良いか?」などについて、グループワークを交えながらわかりやすく説明します。

対象者

認知症に関心のある団体(10名以上)

講  師

キャラバン・メイト
(注)キャラバン・メイトとは、認知症に対する正しい知識や対応などについて学ぶ研修を終了し、「認知症サポーター養成講座」の講師役を務める人です。

時間

1時間30分程度

費用

無料

申込

随時受け付けています。注意事項をご確認のうえ、以下の添付ファイル、「認知症サポーター養成講座受講申込書」によりお申し込みください(FAX、持参、郵送のいずれでも可)。

注意事項

①10名以上の団体で会場(市内)をご用意のうえ、お申し込みください。
②準備の都合により、希望日の30日前までにお申し込みください。

 

認知症サポーター養成講座チラシ(PDF:168KB)

認知症サポーター養成講座受講申込書(ワード:45KB)

窓口

高齢者総合支援室 高年福祉係(電話/078-918-5288) 

個人向け「認知症サポーター養成講座」

個人向け「認知症サポーター養成講座」ページへリンク

認知症高齢者等の家族会「あった会」

認知症高齢者を介護している家族や介護経験者等が集い、介護体験の交流を行い、互いに励ましあうとともに助言や情報の提供を行います。

対象者

認知症高齢者の介護者
(認知症高齢者本人も出席可。その場合は、事前に電話連絡が必要)

窓口

高齢者総合支援室 高年福祉係(電話/078-918-5288)

2020年度 あった会予定表(PDF:144KB)

※ 新型コロナウイルス感染症拡大防止対策の上、ご参加ください。

居場所検索用端末機の貸与

徘徊行動のある認知症高齢者を介護している家族に居場所検索用端末機を貸与し、徘徊行動のある認知症高齢者の居場所の早期発見を図ります。

対象者

65歳以上で徘徊行動のある高齢者を介護する家族

窓口

高齢者総合支援室 高年福祉係(電話/078-918-5288)

高齢者の日常生活用具の給付

在宅ねたきり、認知症のひとり暮らし高齢者等に、電磁調理器、火災警報器、自動消火器を給付します。

対象者

65歳以上の在宅ねたきり、認知症のひとり暮らしの方等(所得制限有)

窓口

高齢者総合支援室 高年福祉係(電話/078-918-5288)

要援護者見守りSOSネットワーク

警察の不明者捜索の一助とするため、徘徊のおそれのある高齢者等を家族等が事前に登録し、高齢者等が行方不明になった際に、写真情報を添付したメール等を協力者へ一斉送信します。

対象者

徘徊のおそれのある高齢者等の家族

窓口

明石市社会福祉協議会(外部サイトへリンク) 078-924-9105

協力者登録はこちら(外部サイトへリンク)

成年後見制度について

 物事を判断する能力が十分ではなく、自分の権利や財産を守ることが困難な方に対して、後見人等の支援者を選ぶことで、ご本人の権利や大切な財産を守り、自分らしい暮らしができるように支える制度です。

窓口

明石市後見支援センター(外部サイトへリンク) 078-924-9151

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

明石市福祉局高齢者総合支援室

兵庫県明石市中崎1丁目5-1

電話番号:078-918-5288

ファックス:078-918-5106