遺棄・虐待

ここから本文です。

動物を捨てたり・虐待する行為は犯罪です。

愛護動物を捨てたり、虐待すると懲役や罰金に処せられます。

  •  罰則が引き上げられました。(令和2年6月1日施行)
  •  
  • ・愛護動物をみだりに殺したり傷つけた者
        →年以下の懲役または500万円以下の罰金

    ・愛護動物に対し、みだりにえさや水を与えずに衰弱させるなど虐待を行った者
        →懲役1年以下又は100万円以下の罰金

    ・愛護動物を遺棄した(捨てた)者
        →懲役1年以下又は100万円以下の罰金

    ※愛護動物とは
        1 牛、馬、豚、めん羊、山羊、犬、猫、いえうさぎ、鶏、いえばと及びあひる
        2 その他、人が占有している動物で哺乳類、鳥類又は爬虫類に属するもの

 

ページトップ