飼い主の方へ

ここから本文です。

ペットを飼う前に

ペットを飼うということ。

ペットを家族として生活を共にする方が多くなっています。
動物のしぐさなどをご覧になり、自分でもペットが飼いたいと感じられることはごく自然なことではあります。
しかし、ご存知のとおり、ペットは「命」ある生き物であり、一度飼い始めれば、飼い主にはそのペットの生涯最後まで飼う義務が生じます。ペットはファッションの一部ではありません。


ペットを飼う前に以下について、再度確認いただき「ペットを飼うということ」について考えてください。

飼う前に考えること(環境省リーフレット:「飼う前も、飼ってからも考えよう」より)

1.居住環境

  • 今の住まいはペットが飼える環境ですか?
    転居の予定があれば、慎重に判断しまょう。

2.ライフスタイル

  • 飼いたいペットの種類や大きさ、生態、特性などが、あなたの生活環境に適してますか?

3.家族全員の同意はありますか?

  • 家族全員がペットを飼うことに賛成していますか?
    全員で協力して世話ができます。

4.健康と体力

  • あなたの体力で世話ができるペットですか?
    家族に動物アレルギーの人はいませんか?

5.ペットの寿命

  • ペットが寿命を迎えるまで飼い続けることができますか?
    高齢になったペットの世話や介護を考えていますか?

6.毎日の世話

  • ペットに安全で快適な飼養環境を用意できますか?
    何があっても、毎日欠かさずペットの世話に手間と時間をかけられますか?

7.周囲の人々への配慮

  • 鳴き声やふんの放置などで近隣に迷惑をかけないようにできますか?
    必要なしつけについて勉強し、それを実践できますか?

8.万が一のとき

  • 地震や洪水などの災害時や、万が一あなたが飼えなくなったとき、ペットの命を守る方法を考えていますか?

 

ペットの一生に必要な費用を考えていますか?

ペットを飼い続けるためには、フードや日用品、治療費などでお金がかかります。
飼い始めてから経済的な理由で行き詰らないように、あらかじめ必要な費用を考えておきましょう。

犬猫に関する現実

飼う前によく考えずにペットを飼ったために飼えなくなり新しい飼い主を捜される場合がまだまだ見られます。
新しい飼い主が見つかるとも限りません。この実態を変えるためには飼い主となる前によく考えることが重要と考えます。
みなさまの心がけにより楽しい動物のいる生活となることが望まれます。

ページトップ