狂犬病予防注射について/あかしっぽ(あかし動物センター)

犬猫の情報

ここから本文です。

狂犬病予防注射について

  • 狂犬病予防法に基づく犬の登録と、狂犬病予防注射について

    生後91日以上の犬を飼う飼い主は、狂犬病予防法に基づき、以下が義務付けられています。

    • 生涯に1度の登録
    • 毎年1回狂犬病予防注射を受けさせること(4~6月)
    • 鑑札、注射済票をつけること

    登録していただくと犬の登録番号が書かれた鑑札の交付をします。

    鑑札は、生涯一回だけの交付になります。
    お住まいを所管する自治体に犬の台帳(犬の住民票のようなもの)が作成され、毎年狂犬病予防注射の案内のハガキが届くようになります。

    予防注射が済んだら今年度の注射番号が書かれた注射済票の交付を受けなければなりません。
    注射済票の交付を受けないと、今年度の狂犬病予防注射が済んでいる記録が残りません。


鑑札、注射済票をつけましょう!

登録、狂犬病予防注射済の犬であることの証明になります。
万が一、失踪してどこかで保護されたときに、飼い主さんを探す大切な手がかりにもなります。


いつ注射を受けさせればいいの?

生後91日以上の犬は、狂犬病予防注射を受けなければなりません。
ただし、犬の混合ワクチンを受けている場合、接種の間隔を空ける必要がある場合もありますので、動物病院(獣医師)にご相談ください。


狂犬病予防注射や登録はどこでできますか?

毎年4月に公民館などを会場にして実施している集合注射、または動物病院で狂犬病予防注射を受けさせることができます。
未登録の犬は、初めて狂犬病予防注射を受けた年に登録と注射済票の交付手続きを行います。
それ以降は毎年1回ずつ、狂犬病予防注射を受けさせ、注射済票の交付を受けます。

狂犬病予防注射、登録、注射済票交付の手続き方法

集合注射で受ける場合

集合注射の会場で犬の狂犬病予防注射を受け、登録と注射済票の交付手続きも同時に会場で行うことができます。

集合注射は、毎年4月に実施しております。
3月下旬に狂犬病注射の案内はがきが届きますので、日程・会場を確認ください。
また、広報誌でもお知らせしますのでご覧ください。

獣医師会に入っている動物病院で受ける場合

動物病院の中で、東播開業獣医師会、明石市獣医師会に入っている動物病院では、狂犬病予防注射を受け、病院の窓口で登録、注射済票の交付手続きができます。

獣医師会に入っていない動物病院で受ける場合

動物病院が狂犬病予防注射を接種したことを証明する書類を飼い主さんに渡してくれますので、その書類と手数料を持って、あかし動物センター窓口にて登録と、注射済票交付の手続きをしてください。
また、動物病院が代行手続きをする場合もありますのでご確認ください。

注射は済んでいるけど、注射済票の交付手続きがまだである場合

記録上、今年度の狂犬病予防注射が未接種の状態となり、センターから督促のハガキや電話を受けることになりますので、年度内に必ずセンターの窓口で手続きください。

各手数料など
登録申請(鑑札を交付) ¥3,000
注射済票交付申請 ¥550
鑑札再交付 ¥1,600
注射済票再交付 ¥340

※このほか、狂犬病予防注射を行った場合は狂犬病予防注射料金がかかります。


登録の変更・再発行・取り消し

犬の転入手続について

飼い主の転入や譲渡などで他市町村で登録していた犬を明石市で飼うことになった時は、届け出が必要です。

他市町村で交付された犬の鑑札(紛失している場合は、狂犬病予防注射通知書など、登録していることが確認できるもの)を持参のうえ、動物センター窓口へお越しください。

犬の転出手続きについて

飼い主の転出や譲渡などで明石市で登録していた犬を明石市外で飼うことになった時は、転出先の市町村の畜犬登録担当課に届け出が必要です。

手続き方法等は、転出先市町村担当課にご確認ください。
明石市内で犬の住所が変わったら(飼い主の転居・譲渡など)窓口、もしくは電話でご連絡ください。

詳細

犬が死亡したら

登録の取り消しが必要ですので、窓口、もしくは電話でご連絡ください。

詳細

遺体の引取りを希望される方は、収集事業課(電話918-5780)までお問い合わせください。
※登録取り消しの連絡は別途必要です。

ページトップ