ペットの防災対策/あかしっぽ(あかし動物センター)

ペットの防災対策

ここから本文です。

ペットの防災対策

ペットの防災対策メイン

災害が起こったときに最初に行うことは、もちろん飼い主自身や家族の安全確保ですが、ペットの安全確保についても、普段から考え備えておく必要があります。十分な水や食料の他、常備薬等も用意し、避難所や避難ルートを確認しておく等、いざというときに慌てないように、ペットに基本的なしつけをし、備えておきましょう。避難するときは、ペットと一緒に避難(同行避難)できるよう、日頃からキャリーバックやケージに入ることなどに慣れさせておくことも必要です。

そして、避難所等においては、ルールを遵守し、他の避難者に迷惑をかけてはなりません。特に、避難所では動物が苦手な方やアレルギーを持っている方等への特別な配慮が求められます。また、避難や避難生活はペットにとっても大きなストレスとなる可能性があるので、ペットの行動も考えた十分な準備をすることが重要です。これは決して特別なことではなく、普段からペットの基本的なしつけや健康管理をし、ペットを様々な環境に慣らしておくことが、災害時の備えの基本になります。しつけはペットの安全確保のみならず、災害時のペットのストレスも軽減させ、あなた自身や周囲の方々への安全・安心の確保にも重要です。

いざという時のために~ペットの災害対策~

災害対策

災害が起きたときに、家族とペットが安全に避難できるように、日頃からの心構えと備えが必要です。

人とペットの災害対策ガイドライン(外部サイトへリンク)

ペットのしつけと健康管理

災害は、人にとっても、ペットにとっても大きなストレスがかかります。

緊急時に安全に避難し、また人が集まった場所において、他の避難者に迷惑をかけないために、「ケージに入ることを嫌がらない」、「人や他の動物を怖がらない」ようにするなどの基本的なしつけをしておきましょう。

また、各種ワクチンの接種、寄生虫の駆除なども行っておきましょう。

所有者の明示の必要性

災害時には、ペットと離ればなれになるかもしれません。
ペットが迷子になり保護されたときのために、必ず名札等の飼い主が分かるものを付けましょう。所有者明示をしましょう。

ペットのための防災用品

災害が発生した場合、救援物資が届くまでには時間がかかりますので、必要な物資の備蓄をしましょう。

準備しておきたい防災用品
  • フード、水、薬※最低でも5日分は必要です。
  • キャリーバック又はケージ、首輪、リードなど
  • ペット用品(ペットシーツ、排泄物処理用具、トイレ用品、タオル、ブラシなど)
  • 飼育手帳、動物の写真
災害に備えてチェックしてみましょう!
  • 住まいの防災対策を行っていますか。
  • 家族で防災について、話し合っていますか。
  • 地域の防災計画を知っていますか。
  • ケージ、キャリーバックなどペットを避難させるものを用意していますか。
  • ペットが迷子になり保護されたときのために、名札等の飼い主が分かるものをつけていますか。
  • ペットに必要なしつけや、予防接種などをしていますか。
  • 救援物資が届くまでのフード、水などを備蓄していますか。
  • 避難する際に持ち出す物をあらかじめ準備していますか。

ページトップ