ここから本文です。

更新日:2016年5月9日

法人の市民税

「市税のページ」トップへ

  1. あらまし
  2. 納める方
  3. 税率
    3-1.均等割額
    3-2.法人税割額
  4. 申告と納税

 1.あらまし

法人の市民税には、国税である法人税額を課税標準として納めていただく「法人税割」と、法人税額の有無にかかわらず納めていただく「均等割」とがあります。

▲トップに戻る

 2.納める方

納税義務者

納めるべき税額

市内に事務所又は事業所を有する法人

均等割額・

法人税割額

市内に寮、宿泊所、クラブその他これらに類する施設を有する法人で、市内に事務所

または事業所を有しないもの

均等割額

法人課税信託の引受けをおこなうことにより法人税を課税される個人で、市内に事務所

または事業所を有するもの

法人税割額

▲トップに戻る

 3.税率

 3-1.均等割額

期末現在(予定申告の場合、前期末現在)の

「資本金等の額」と「資本金に資本準備金を加えた額」のうち、いずれか大きい額

当市分の従業員数の

合計数が50人を超える

当市分の従業員数の

合計数が50人以下

50億円超

3,600,000円

492,000円

10億円超50億円以下

2,100,000円

492,000円

1億円超10億円以下

480,000円

192,000円

1,000万円超1億円以下

180,000円

156,000円

1,000万円以下

144,000円

60,000円※

※次に掲げる法人も対象となります。

  1. 公益法人及び公益法人等のうち、均等割を課することができないもの以外のもの
    (収益事業を行うものを除く)
  2. 人格のない社団等
  3. 一般社団法人及び一般財団法人(非営利型法人に該当するものを除く)
  4. 法人で資本金の額又は出資金の額を有しないもの(保険業法に規定する相互会社を除く)

※平成27年3月31日以前に開始する事業年度については、「資本金等の額」を基準としてください。

 3-2.法人税割額

区  分

平成26年9月30日以前に

開始する事業年度の税率

平成26年10月1日以後に

開始する事業年度の税率

法人税割の課税標準となる法人税額が年額

400万円以下で、次のいずれかに該当する法人等

(1)資本金の額または出資金の額が1億円以下

  の法人 (資本積立金額は含まない)

(2)資本金または出資金を有しない法人

  (保険業法に規定する相互会社は除く)

(3)法人でない社団または財団で代表者または

  管理人の定めがあるもの

12.3%

9.7%

上記以外の法人等

14.7%

12.1%

※上の表に掲げた税率は、中小法人等の市民税の課税の特例(不均一課税)を適用した後のものです。

※法人税割額の課税標準は、通常その法人等の法人税額です。ただし、2以上の市町村に事務所等を設けている法人は、法人税額を従業員数であん分して法人税割額を計算します。

▲トップに戻る

 4.申告と納税

(1)確定申告

事業年度終了後2ヶ月以内に申告納付の方法により納めていただきます。

(2)中間申告(事業年度が6ヶ月を超える法人)

事業年度開始の日以後6ヶ月を経過した日から2ヶ月以内に申告納付の方法により納めていただきます。

※申告納付とは

納税者が納める税金の課税標準額及び税額等を申告し、その申告した税額を納付することをいいます。

(3)修正申告

法人税の更正または決定を受けた場合は、法人税の更正決定通知書が発せられた日から1ヶ月以内、その他の事由による場合は、遅延なく申告してください。

▲トップに戻る

関連ページ

 

 

お問い合わせ

明石市財務部市民税課

兵庫県明石市中崎1丁目5-1

電話番号:078-918-5014・5013

ファックス:078-918-5104

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?