ここから本文です。

更新日:2021年6月28日

税の種類

  1. 直接税・間接税
  2. 普通税・目的税

 1.直接税・間接税

税金を国税と地方税に、また直接税と間接税に分類して表にあらわすと、次のようになります。

  • 直接税=税金を負担する人と税金を納める人が同じである税金をいいます。
  • 間接税=税金を負担する人と税金を納める人が異なる税金をいいます。

(例)酒税は、酒の製造業者が納めますが、その納めた税金は販売されている酒・ビール等の価格の中に含まれています。つまり、これらを購入することにより、消費者が負担するしくみになっています。

 

国税

地方税

県税

市税

直接税

所得税
法人税
相続税
贈与税
地方法人税

特別法人事業税

復興特別所得税

県民税

固定資産税

不動産取得税

自動車税(種別割)

自動車税(環境性能割)

利子割

配当割

株式譲渡所得割
事業税
鉱区税
水利地益税〔注1〕

狩猟税

★市民税
★固定資産税

★都市計画税
★軽自動車税(種別割)

★軽自動車税(環境性能割)〔注2〕

★事業所税

鉱産税
水利地益税
共同施設税
宅地開発税

特別土地保有税〔注3〕
国民健康保険税〔注4〕

間接税

消費税

関税
自動車重量税

酒税

たばこ税

たばこ特別税
揮発油税
地方揮発油税
石油石炭税
航空機燃料税
石油ガス税
電源開発促進税
印紙税
国際観光旅客税
とん税
特別とん税
登録免許税

地方消費税
県たばこ税
ゴルフ場利用税
軽油引取税

★市たばこ税
★入湯税

は明石市で課税されています。

〔注1〕兵庫県では課税されていません。

〔注2〕当面の間、環境性能割の賦課徴収は県が行います。

〔注3〕2003年度から新規の課税は停止されています。

〔注4〕明石市では、国民健康保険料として取り扱われています。

▲トップに戻る

 2.普通税・目的税

税の種類

※ 2003年度から新規の課税は停止されています。

  • 普通税=税金の使いみちを特定せず、一般の行政経費にあてるために課税される税金です。
  • 目的税=特定の経費にあてる目的で課税される税金です。
    (例)都市計画税として納められた税金は、都市計画事業のための費用にあてられます。

お問い合わせ

明石市総務局税制課

兵庫県明石市中崎1丁目5-1

電話番号:078-918-5072

ファックス:078-918-5104