ここから本文です。

更新日:2017年1月27日

戸籍の届出

戸籍の届出
(市役所2階市民課5番窓口、あかし総合窓口、各市民センター、各サービスコーナー)

戸籍は、出生から死亡までの身分関係を、生涯通じて証明する大切なものです。子供が生まれたときや、結婚するとき、家族が亡くなられたときは、必ず届出をしてください。

戸籍届出時の本人確認の実施について

婚姻届や養子縁組届など戸籍届出時に届書を窓口に持参された方について、運転免許証やパスポートなどの身分証明書を提示いただき、本人確認させていただきますので、ご協力をお願いいたします。
詳しくは、関連ページ「各種届出・証明交付申請時の本人確認について」をご覧ください。

おもな戸籍関係の届出一覧

※記載例は、下部を参照してください。

種類

いつまでに

だれが

どこへ

持っていくもの

注意すること

出生届

生まれた日から14日以内

父または母

本籍地、住所地、出生地のいずれかの市区町村役場

  1. 出生届書(医師または助産師の出生証明書が必要)
  2. 印鑑[認印]
  3. 母子健康手帳
  4. 国民健康保険証(加入者のみ)

子の名に使える漢字は常用漢字か人名用漢字

※文字検索は下部関連ページ「(法務省)戸籍統一文字情報」へ

死亡届

死亡を知った日から7日以内

同居の親族、いない場合はその他の親族

本籍地、死亡地、届出人の住所地のいずれかの市区町村役場

  1. 死亡届書(医師の死亡診断書が必要)
  2. 印鑑[認印]
  3. 国民健康保険証(加入者のみ)

 

婚姻届

届けた日に効力を生じる

夫及び妻

本籍地、住所地のいずれかの市区町村役場

  1. 婚姻届書
  2. 夫妻双方の戸籍謄本1通(本籍地が市外の方のみ)
  3. 夫妻(旧姓)の印鑑[認印]
  4. 国民健康保険証(加入者のみ)
  • 届書には証人として成人2人の署名・押印が必要
  • 未成年の方は父母の同意が必要
  • 届書を持参される方の身分証明書(運転免許証など)が必要

離婚届

届けた日に効力を生じる(調停・審判・判決離婚は成立・確定した日から10日以内)

夫及び妻(調停などによる離婚は申立人)

本籍地、住所地のいずれかの市区町村役場

  1. 離婚届書
  2. 戸籍謄本1通(本籍地が市外の方のみ)
  3. 夫妻双方の印鑑[認印](協議離婚の場合)または申立人の印鑑[認印]
  4. 調停調書、和解調書、認諾調書、審判書・判決書の謄本と確定証明書(調停などによる離婚の場合)
  5. 国民健康保険証(加入者のみ)

[協議離婚の場合のみ]

  • 届書には証人として成人2人の署名・押印が必要
  • 届書を持参される方の身分証明書(運転免許証など)が必要

離婚後のこども養育支援についてはこちら

転籍届

届けた日に効力を生じる

筆頭者及び配偶者

本籍地、住所地、転籍地のいずれかの市区町村役場

  1. 転籍届書
  2. 印鑑[認印](配偶者の印鑑も必要)
  3. 戸籍謄本1通(市内転籍の場合は不要)

 

※戸籍に関する届出にはこのほか、認知届、養子縁組届、養子離縁届、入籍届などがあります。手続きに複雑なものがありますので、事前にお問い合わせください。

※戸籍に関する届出は、平日の夜間及び土・日・休日等でも、市役所1階の警備員室でお預かりしています。又、明石駅前再開発ビル6階のあかし総合窓口でも、平日の夜間及び土・日・祝日の窓口受付時間に限り、戸籍に関する届出のお預かりをしています。後日、届出の内容審査を行い、不備がなければ届けた日が受理日になります。できれば事前に届書の内容確認を受けてください。なお、届出書のお預かりのみの場合は、母子健康手帳の記載等は後日手続きをお願いします。

あかし総合窓口・市民センター・サービスコーナーでは、戸籍届出に伴う各種手続きについて、取扱いのできる業務が限られていますので、ご確認ください。

※明石駅市民サービスコーナーは、平成29年1月21日をもって閉鎖いたしました。

【記載例】

関連ページ

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

明石市市民・健康部市民課

兵庫県明石市中崎1丁目5-1

電話番号:078-918-5079 (戸籍係)

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?