ホーム > 健康・福祉 > 国民健康保険 > 保険料の計算 > 令和2年度国民健康保険料について

ここから本文です。

更新日:2020年7月1日

令和2年度国民健康保険料について

1. 保険料率について

  令和2年度の国民健康保険料率は昨年度から変更はありません。なお、賦課限度額は昨年度から変更しています。

 保険料の最高額は、40歳以上65歳未満の加入者がいる世帯では97万円、それ以外の世帯では80万円です。

 保険料の決定通知書は7月中旬に送付しますので、各世帯の保険料につきましてはそちらでご確認ください。

令和2年度

 

医療給付費分

後期高齢者支援金等分

介護納付金分

所得割額

(所得額―基礎控除33万円)×6.84%

(所得額―基礎控除33万円)×2.60%

(所得額―基礎控除33万円)×2.28%

均等割額

加入者数  ×27,100円

加入者数  ×10,430円

加入者数  ×11,300円

平等割額

1世帯   ×19,220円

1世帯   ×7,860円

1世帯   ×5,500円

賦課限度額

61万円

19万円

17万円

 

令和元年度(平成31年度)(参考)

 

医療給付費分

後期高齢者支援金等分

介護納付金分

所得割額

(所得額―基礎控除33万円)×6.84%

(所得額―基礎控除33万円)×2.60%

(所得額―基礎控除33万円)×2.28%

均等割額

加入者数   ×27,100円

加入者数    ×10,430円

加入者数    ×11,300円

平等割額

1世帯    ×19,220円

1世帯     ×7,860円

1世帯    ×5,500円

賦課限度額

58万円

19万円

16万円

★保険料の試算については、こちらをご参照ください★

2. 低所得者に対する保険料の軽減措置に係る所得判定基準の緩和について

  前年中の所得が一定の基準以下の世帯に対して適用される保険料(均等割と平等割の2割・5割・7割の軽減)の軽減措置の所得判定基準が下記のとおり緩和されました。なお、この軽減措置を受けるための申請は不要です。

 ①  2割軽減の所得判定基準

   〔旧〕 「33万円+51万円×(被保険者数)」 → 〔新〕 「33万円+52万円×(被保険者数)」

 ②  5割軽減の所得判定基準

   〔旧〕 「33万円+28万円×(被保険者数)」 → 〔新〕「33万円+28.5万円×(被保険者数)

 

 

お問い合わせ

明石市市民生活局国民健康保険課

兵庫県明石市中崎1丁目5-1

電話番号:078-918-5022・5023・5021

ファックス:078-918-5105