ホーム > 暮らし・コミュニティ > 税金 > 市税の納付 > 市債権の未収金対策について

ここから本文です。

更新日:2018年10月19日

市債権の未収金対策について

  1. 明石市の債権管理対策実施状況
  2. 債権管理対策における財政健全化室債権管理担当(前 債権管理課)の回収実績
  3. 明石市債権徴収計画
  4. 不当要求等への対応

1 明石市の債権管理対策実施状況

h29gurahu-1

平成22年度に市税をはじめとした未収金対策の一環として税務室に債権管理課(現:財務室債権管理担当)を設置し、明石市債権管理対策会議(以下「対策会議」という。)を立ち上げました。対策会議においては、滞納の抜本的解消が究極の目標であることを明確にした上で様々な対策を講じてきました。

滞納債権発生課にあっては、適切な債権管理業務体制を確立し、期限内完全収納、滞納の発生防止への取組みが重要であると認識した上で、滞納となった場合の督促、催告から法的手続きまでの各種取り組みを実施してきたところであり、また、債権管理担当においては、債権管理業務の更なる適正化に向けた適切な助言・指導と、引継ぎ債権の迅速な強制執行等による回収に取り組んできました。

平成28年度と比較した平成29年度における債権管理対象債権の決算(上下水道関連除く)では、徴収率は0.52ポイント改善し、滞納額は約3億8千2百万円減少させることができました。また、対策会議の発足前年度の平成21年度との比較では、滞納繰越額は約26億4千7百万円減少することとなりました。

 

ページの先頭へ戻る

2 債権管理対策における債権管理担当の回収実績

市税や国民健康保険料、介護保険料などの強制徴収債権や住宅資金等貸付金などの非強制徴収債権において、債権の引き継ぎによる滞納処分(財産調査・差押え・交付要求・捜索・公売(インターネット公売を含む))や強制執行(担保権実行による競売申立て・支払督促申立など)による法的手続きにより債権回収を進めました。

また、滞納債権発生課との連携・協議により、より効率的かつ効果的な徴収対策を検討しました。

 平成29年度滞納処分、強制執行等の法的手続き執行及び回収状況(PDF:109KB)

≪参考≫

平成28年度滞納処分、強制執行等の法的手続き執行及び回収状況(PDF:53KB)

 平成27年度滞納処分、強制執行等の法的手続き執行及び回収状況(PDF:46KB)

平成26年度滞納処分、強制執行等の法的手続き執行及び回収状況(PDF:117KB)

平成25年度滞納処分、強制執行等の法的手続き執行及び回収状況(PDF:116KB)

平成24年度滞納処分、強制執行等の法的手続き執行及び回収状況(PDF:46KB)

平成23年度滞納処分、強制執行等の法的手続き執行及び回収状況(PDF:126KB)

平成22年度滞納処分、強制執行等の法的手続き執行及び回収状況(PDF:59KB)

 

ページの先頭へ戻る

3 明石市債権徴収計画

平成27年4月1日から施行した「明石市債権の管理に関する条例」の規定に基づき、平成30年度の「明石市債権徴収計画」を策定しました。この計画に基づき、市の債権管理の取り組みを計画的に進めていくことで、市財政の健全化ならびに市民の信頼に応える公平・公正な行政の推進を図ります。

 

 平成30年度 明石市債権徴収計画(PDF:142KB)

≪参考≫

平成29年度 明石市債権徴収計画(達成状況)(PDF:189KB)

 平成28年度 明石市債権徴収計画(達成状況)(PDF:78KB)

 平成27年度 明石市債権徴収計画(達成状況)(PDF:75KB)

ページの先頭へ戻る

4 不当要求等への対応

滞納処分や競売申立てなどの徴収手続きを行うにあたり、激しい抗議や不当な要求に近い言動をとる滞納者も多く、平成24年度は競売事件の関係者からの不当要求に対し告訴・告発をしたところ、公務執行妨害と脅迫で逮捕・起訴されて有罪判決がでました。

今後も不当要求等に対しては、総合安全対策局や関係部署との連携を図りながら、組織的に毅然とした対応をとっていきます。

▲トップに戻る

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

明石市総務局財務室財政健全化担当

兵庫県明石市中崎1丁目5-1

電話番号:078-918-5075

ファックス:078-918-5176