ホーム > 暮らし・コミュニティ > 税金 > 市税の納付 > 市税の減免と納税猶予について

ここから本文です。

更新日:2018年4月11日

市税の減免と納税猶予について

  1. 市税の減免について
    1-1.個人の市民税
    1-2.固定資産税・都市計画税
    1-3.軽自動車税
  2. 納税の猶予について

 1.市税の減免について

 1-1.個人の市民税

(1)減免申請のできる方

前年の合計所得金額が500万円以下で、給与所得に対して所得割が課税されており、次のいずれかに該当する方

  • 現在、失業中で雇用保険の基本手当を受給している方
  • 雇用保険の基本手当の支給終了後、引き続き現在も無職の方
  • 勤務先を退職後、現在も引き続き3ヶ月以上無職の方

前年の合計所得金額が500万円以下で、退職・休職・転職・倒産・廃業の理由により、本年の合計所得金額が前年の譲渡等の一時所得を除く合計所得金額に比べ、5割以下に減少している方

前年の合計所得金額が500万円以下で、疾病・負傷により3ヶ月以上引き続き入院または通院しており、3ヶ月以上無収入の状態が続いている方

納税義務者が亡くなられたため、納税義務を承継した相続人で、生前の事業を承継しておらず、納税が著しく困難な方(納税義務者、相続人とも前年の合計所得金額が500万円以下であることが必要)

賦課期日(1月1日)現在、障害者・未成年者・寡婦(夫)に該当し、所得割が課税されており、前年の合計所得金額が145万円以下の方

前年の合計所得金額が1,000万円以下で、災害によって住宅や家財に一定以上の被害を受けた方

生活保護法の規定により生活扶助を受けている方

(2)申請期限

原則、課税される年度の3月31日まで

申請要件、添付書類等(PDF:153KB)、詳しいことはお問い合わせください。

[お問い合わせ] 市民税課 個人市民税担当(電話/078-918-5013)

 1-2.固定資産税・都市計画税

震災・火災・風水害などの災害に遭ったり、生活保護法の規定により生活扶助などを受けている方など、特別な事情がある場合には、「減免申請書」を提出していただくことにより、減免の適用を受けることができる場合があります。

例として、次のような方となります。

  • 生活保護法の規定により、生活扶助を受けている方
  • 公共事業実施のため、使用収益することができない土地又は家屋を所有している方
  • 災害(震災・火災・風水害)により、一定以上の被害を受けた土地又は家屋などを所有している方
  • 公益利用(例:集会所・公民館・子ども広場)を目的として、無料で貸与している土地又は家屋を所有している方 など

※納税義務者の死亡、無収入、失業等による事由での減免はありません。
※申請要件、添付書類等の詳しいことは、 お問い合わせください。

[お問い合わせ] 資産税課(電話/078-918-5015・5077)

 1-3.軽自動車税

身体又は精神に障害を有し歩行が困難な方、またはその方と生計を一にする方が所有する軽自動車等で、もっぱらその方のために使用する軽自動車等

[お問い合わせ] 市民税課 法人・諸税担当(電話/078-918-5014)

▲トップに戻る

 2.納税の猶予について

次のような事情により市税の納付が困難な場合、申請に基づき原則として1年以内の期間に限り、納める時期を遅らせたり納める税額を分割したりするなどの納税緩和措置を受けられる場合があります。

詳細は納税課までお問い合わせください。

(1)徴収猶予

  • 災害を受けまたは盗難にあったとき
  • 本人または家族が病気にかかり、また負傷したとき
  • 事業を廃止または休止したとき
  • その事業につき著しい損失を受けたとき

(2)換価猶予(申請期限は各納期限から6ヶ月以内)

納税に誠実な意思を有すると認められ、次のいずれかに該当する場合

  • 徴収金を一時に納付することが滞納者の事業継続を困難にするとき
  • 徴収金を一時に納付することが滞納者の生活維持を困難にするとき

[お問い合わせ] 納税課(電話/078-918-5016)

▲トップに戻る

関連ページ

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

明石市総務局税制課

兵庫県明石市中崎1丁目5-1

電話番号:078-918-5072

ファックス:078-918-5104