ここから本文です。

更新日:2018年3月12日

下水道のしくみ

明石市の下水道には、合流式と分流式という二つのしくみがあります。
合流式は汚れた水と雨水が同じ下水管をとおり、下水処理場に流れ込む方式です。
分流式は汚れた水と雨水が、それぞれ専用の下水管をとおって、よごれた水は下水処理場に、雨水は直接川や海へ流す方式です。

 

下水処理の流れ(分流式)

gesuidounoshikumi1

汚れた水をきれいにする処理

(1)沈砂池

下水処理場に流れ込んできた汚れた水は、こんなにも濁っています。

gesuidounoshikumi2

(2)最初沈殿池

まずは、中に混じっている固形物を沈殿させます。

gesuidounoshikumi3

(3)反応槽

自然の力で汚れた水をきれいにするため、微生物を活性化させます。

gesuidounoshikumi4

(4)最終沈殿池

微生物の働きによって、細かな汚れを沈殿しやすくします。

gesuidounoshikumi5

(5)滅菌槽

十分にきれいになった上澄みを消毒して、川や海に放流します。

gesuidounoshikumi6

 

 

お問い合わせ

明石市都市局下水道施設課

兵庫県明石市大久保町八木742

電話番号:078-934-3425

ファックス:078-934-9622