ホーム > まちづくり・産業 > 道路 > 道路維持 > 橋梁長寿命化修繕計画

ここから本文です。

更新日:2021年11月24日

橋梁長寿命化修繕計画

明石市橋梁長寿命化修繕計画

明石市橋梁長寿命化修繕計画を更新しました。

快適・安全で安心して使い続けられる道路橋をめざして

事後的対応から予防的対応へ

藤江86号線 極楽橋

 

明石市の管理する橋長2.0m以上の橋梁は、昭和30年~50年ころに大量に架けられました。

このような、高度成長期に架けられた橋は、今後急速に高齢化が進むことになります。

これまで、傷んだ橋については、その都度、架替や補修を実施してきましたが、このような管理を続けた場合、近い将来、膨大な維持管理コストが必要となります。

その対策として、損傷が軽度なうちに早めに修繕を行う「予防保全型」の対策を講じ、耐用年数を引き伸ばすことを目的とした「長寿命化修繕計画」を策定しています。

また、安全性の確保と計画的・効率的な維持管理を行うことを目的として、道路パトロールによる日常点検と、5年サイクルの定期点検を継続するとともに、長寿命化修繕計画に基づいて架替・補修を行い、安全安心の確保に努めていきます。

 谷八木橋 養老橋

関連資料

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

明石市都市局道路整備課

兵庫県明石市中崎1丁目5-1

電話番号:078-918-5033・5034

ファックス:078-918-5108