ホーム > まちづくり・産業 > 都市計画 > 景観・風致 > 景観形成地区内行為届出制度のあらまし

ここから本文です。

更新日:2018年4月1日

景観形成地区内行為届出制度のあらまし

(建築物等について)景観形成地区内行為届出制度のあらまし

制度の目的

この制度は、明石市景観条例にもとづき、海岸などの自然景観と調和した地区や歴史的な雰囲気を残した地区など特色ある都市景観を有している地区、あるいは、景観形成上計画的に整備していく必要がある地区などを「都市景観形成地区」に指定し、建物のデザイン等について地区の特色に応じた一定のルール(都市景観形成基準)を定めることで、明石らしい美しい都市景観の形成を図るとともに、貴重な都市景観資源として将来に引き継いでいこうとする制度です。

届出対象地域

名称/ 大久保町駅南地区 景観形成地区(平成8年10月7日指定)
区域/ 大久保町ゆりのき通1丁目の一部、2丁目の一部、3丁目(面積 約24.2ha

▼航空写真

航空写真

▼都市景観形成地区

大久保駅南地区(都市景観形成地区)

届出対象物

  • [1] 建築物等(建築物、工作物及び広告物をいう。)の新築、増築、改築若しくは移転、大規模の修繕若しくは模様替又は外観の色彩の変更
  • [2] 土地の形質の変更
  • [3] 樹木及び竹林の伐採又は植栽
  • [4] その他都市景観の形成に影響を及ぼす行為で規則に定めるもの

手続の流れ

手続の流れの図

景観形成基準

景観形成基準(大久保地区)(PDF:228KB)

申請書ダウンロード

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

明石市都市局都市総務課

兵庫県明石市中崎1丁目5-1

電話番号:078-918-5037

ファックス:078-918-5109