ここから本文です。

更新日:2020年4月28日

先輩が語る仕事の話 【事務職】

市民生活局 市民生活室 国民健康保険課 但馬 圭汰

平成28年、大学卒業後に事務職員として入庁。研修を経て国民健康保険課に配属になりました。 

大学では経済産業ゼミを専攻し、企業の経営戦略やビジネスデザインについて研究していました。また部活動では、小学生から続けている野球に打ち込み、全国大会優勝を目指す日々を過ごしました。

休日は、年齢の隔たりなく同期や職場の先輩方とともに野球をするなど、体を動かしています。

座右の銘は「地道に泥臭く!」。近道はせず、何事も全力で取り組むことをモットーに心がけています。

 tajiam3
 ここ明石市役所で頑張ってます!

Q:明石市役所を志望したきっかけを教えてください。

 A: 自身の利潤を追求するのではなく、正義感をもって仕事をしたいという想いがあり、公平性を期して職務に取り組む公務員を目指しました。

また、学生時代に経験した飲食店のアルバイトを通して、地域住民の方と交流を深めていく中で、身近な人たちのくらしに貢献したいと感じるようになり、市民との距離感が近い市役所の業務に興味を持ちました。 

明石市では市民のニーズと時代の流れを汲み取った先進的な施策が実施されており、幼い時を過ごした明石市で地域の方々の生活をより良くする方法を考え、実現したいという想いから明石市役所を選びました。

Q:現在の仕事について教えてください。

 A: 私が所属する収納係では、国民健康保険料の徴収業務を主に取り扱っており、保険料の納付に関する相談や、差押えなどの滞納整理も行っています。これらの業務以外にも私は、係で扱う帳票の発注や校正、過誤納金の還付及び充当処理の手続きを担当しています。 

差押えと聞くと厳しいように感じますが、国民健康保険制度は加入者全員の支え合いによって成り立っており、制度の運営や公平性確保のため、職員一丸となって取り組んでいます。

周りの先輩方は話しかけやすく、仕事の手順などの疑問についても、エルダー職員や担当の先輩職員をはじめ、他の係の職員にも相談しやすく風通しのいい環境です。また現状に満足せず、常により良い業務のあり方を模索し、意見を出し合い、改善していくという活気あふれる職場であると感じています。

tajima8
窓口や電話で、直接市民の方とお話しします。

Q:仕事のやりがい、うれしかったこと、苦労したことなどを教えてください。

A: 国民健康保険課に配属された当初は、制度の根拠となる法令や、専門用語に関する知識の乏しさを痛感しました。専門用語について調べ、職場の先輩職員に質問するなど、地道に知識を身に付け、仕事ができるようになっていくことで自身の成長を実感し、大きなやりがいを感じています。

直接市民の方と関わる窓口応対では、個人の権利や義務に関わる内容のため、制度の説明や質問に対する回答をわかりやすく伝えることを日々意識しています。市民の方に納得してもらいたいという思いが結果につながり、市民の方から感謝の言葉をいただくこともあり、大きな自信になりました。

また1年目でも帳票の発注などの担当業務を任され、プレッシャーに感じることが大きい反面、自ら考えて行動し、やり遂げた際は大きな達成感を味わうことができました。 

taijama5 
根拠となる法令についてしっかり学んでいます。

Q:ある日のスケジュールを教えてください。

 A:    8:30  登庁

           8:55  係でミーティング(一日のスケジュールの確認)

                9:00  電話応対・窓口応対(当番制)

                12:00  昼休み

                13:00  担当地区の納付状況の確認(保険証の送付など)

                13:30  差押調書などの文書作成や担当業務の事務処理
           (印刷業者へ帳票発注依頼や還付金の入力と照合など)

      17:30  一日の領収金額の集計

      17:40  身の回りの整理

      18:00  退庁

tajima4
市役所の南側は、すぐ海です。奥に見えるのは明石海峡と絶好のロケーションです。

Q:これから入庁してくる人へのメッセージをお願いします。

A:  明石市の魅力は「満足せず、変えていく」という市政(姿勢)だと感じています。

人口減少社会の中で明石市の人口推移は平成25年から増加に転じ、現在も増加を続けています。その背景には「こども」を中心とした施策や「明石市に住みたい・住み続けたい」と思われるまちづくりに向けての先進的な取り組みがあります。

私は国民健康保険課に配属されて1年が過ぎましたが、明石市の国民健康保険料徴収率は2年連続県下1位とトップクラスであり、課内では常に創意工夫を凝らして、状況を改善していくプロ意識を感じています。

私も担当を任された業務だけではなく、様々な分野の見識をより一層深めていき、直面した課題の解決や業務改善能力を高めることを目標に日々取り組んでいます。

また、市役所の仕事は市民の方や様々な業種の方と関わる機会が多くあります。多様な知識や経験を積み、自己啓発のできる環境です

私たちは、より良い市政(シセイ)を創造しようとする姿勢(シセイ)をもって日々励んでいます!明石のために働きたい、チャレンジ精神をもって仕事をしたいというあなたと一緒に働けることを心待ちにしています!

 tajima7
チャレンジ精神をもって一緒に働きましょう!

 

 

 

お問い合わせ

明石市総務局職員室職員担当

兵庫県明石市中崎1丁目5-1

電話番号:078-918-5006