ここから本文です。

市のあゆみ

明石のまちのあけぼのを知るには、遠く100万年近い大昔にさかのぼります。明石海岸の地層や海底からは、洪積世の前期頃まで生きていたとされる「明石象」や、旧石器時代の人類とみられる「明石原人」など、ほ乳類や豊富な植物の化石が発見されています。

原始から、古代・中世を経て近世へと明石のまちは発展を遂げていきます。江戸時代には小笠原家10万石(後に松平家8万石)の城下町として栄えました。阪神と播磨との接点に位置する、という恵まれた地理的条件を生かし、交通のかなめとしての役割も果たしてきました。

大正8年(1919年)11月1日。全国で第81番目、兵庫県下で4番目の市として市制が施行されました。

当時の人口は約3万2千人、面積は7.7平方キロメートルでした。その後、昭和17年に1村(林崎村)を、26年には3町村(大久保町、魚住村、二見町)をそれぞれに合併して、今日では人口約30万人、面積49.42㎢を擁する中堅都市に発展。特に、昭和35年以降は、企業進出、住宅開発に伴う阪神都市圏からの人口流入などを受け、住宅都市・産業都市としての著しい成長を遂げています。

あゆみ

大正

大正8年

11月、明石町が市制を施行し明石市が誕生。

大正9年

第1回市議会開催。市の人口は3万3,107人(第1回国勢調査)

大正10年

市立高等女学校(現明石南高校)開校。明石川が氾濫。

大正11年

市立播陽幼稚園開園。市立明石病院(伝染病院)開設。

大正12年

市立明石中学校(現明石高校)開校。明石~姫路間に神戸姫路電鉄(現山陽電鉄)が開通。

大正13年

市庁舎が竣工。

大正14年

市立第2および第4尋常小学校を、人丸、大観尋常高等小学校に改称。

大正15年
(昭和元年)

明石商業会議所(現商工会議所)設立。明石公園で全国菊花展開催。

昭和

昭和2年

五分一町に市営市場開設。上ノ丸、太寺土地区画整理事業着手(市内で初)。

昭和3年

市水道事業開始。大明石町に明石警察署庁舎新築。

昭和4年

市制10周年。市歌を制定。

昭和5年

天体測量に基づく新子午線標識を人丸山に建設。常備消防隊を設置。

昭和6年

上下水道施設が完成し給水開始。直良信夫が八木海岸で古代人の左腰骨を発見。

昭和7年

豪雨により明石川決壊、明治橋流失。

昭和8年

神明国道(現国道2号)が開通。夏の甲子園で明石中学校が中京商業と延長25回の末、惜敗。

昭和9年

室戸台風による風水害発生。

昭和10年

省線電車(現JR)が明石まで延長開通。

昭和11年

藤江に明石保養院開設。県立自動車検査試験場開設。

昭和12年

市立塵芥焼却場を茶園場町に建設。

昭和13年

神戸の水害で神明間の陸上交通途絶。

昭和14年

警防団令に基づき明石市警防団設置。

昭和15年

明石郡林崎村に川崎航空機明石工場開設。

昭和16年

市内に67町内会を設置。米の配給制実施。

昭和17年

明石郡林崎村を合併。

昭和18年

明石郡玉津村との合併を県に申請(不成立)。

昭和19年

統制令により明石市農業会、明石浦漁業会、林崎漁業会、東明石浦漁業会設立。

昭和20年

6回にわたる空襲で市街地の約6割が焼失。豪雨により全市で浸水被害発生。

昭和21年

省線電車西明石駅開設。市復興局を設置。

昭和22年

復興明石まつり開催。

昭和23年

明石市警察署、明石市消防本部、消防署発足。県市共催水産博覧会開催。菊花展復活。

昭和24年

明石駅前大火で426戸全焼。

昭和25年

ジェーン台風が明石付近に上陸。市民病院業務開始。

昭和26年

明石郡大久保町、魚住村、加古郡二見町を合併、人口は約11万2,000人に。市営バスが営業開始。明石商工会館竣工し明石デパート(現らぽす)開業。

昭和27年

明石市教育委員会発足。

昭和28年

第1回明石まつり開催。

昭和29年

明石~岩屋間のフェリーボート運航開始。

昭和30年

神戸市との合併に関する住民投票。反対多数で合併は不成立。

昭和31年

第11回国民体育大会。軟式野球、軟式テニス、バレーボール、自転車競技を明石会場で開催。

昭和32年

市立水族館が中崎海岸に開館。明石城隅櫓が国の重要文化財に指定。

昭和33年

西明石~姫路間(山陽本線)の電化完成。林下溝海岸の学術発掘調査でアカシゾウ化石発掘。

昭和34年

市制40周年を記念して「市民の歌」を制定。

昭和35年

市立天文科学館開館。市立酪農センター設立。核非武装都市を宣言。

昭和36年

国鉄魚住駅完成。

昭和37年

林崎で県中央児童相談所が開設。

昭和38年

西明石駅前地区土地区画整理事業着手。公明選挙都市、世界連邦平和都市を宣言。

昭和39年

初の住居表示を実施。明石ステーションデパート開館。

昭和40年

大久保町にゴミ処理場完成。明舞団地工事着手。

昭和41年

マリンセンター営業開始。

昭和42年

全国初の野つぼ等危険防止条例を制定。

昭和43年

明石川浄水場開設。国鉄朝霧駅完成。バレホ市と姉妹都市提携。

昭和44年

市制50周年を記念して、市花を菊、市木をキンモクセイに制定。

昭和45年

第2神明道路開通。新市庁舎が中崎1丁目(現在地)に竣工し、市役所を移転。

昭和46年

市民会館開館。

昭和47年

新幹線西明石駅開業。市消防庁舎が現在地に完成。コミセン第1号を大蔵中学校内に開設。

昭和48年

環境保全条例を制定。

昭和49年

野々池貯水池完成。市立及び県立図書館、中央公民館開館。

昭和50年

コミュニティ元年を宣言。高校入試に総合選抜制度。

昭和51年

明姫幹線部分開通。国道2号拡幅工事完了(銀座~明石川)。

昭和52年

新大久保清掃工場運転開始。公設地方卸売市場開場。大久保駅前土地区画整理事業着手。

昭和53年

中部排水場開設。山陽電鉄高架化事業(第1期)に着手。

昭和54年

石ヶ谷公園の整備着手。明石南高校が夏の甲子園に初出場。

昭和55年

明姫幹線全線開通。

昭和56年

二見下水処理場運転開始。明石海浜公園開設。無錫市と友好都市提携。明石市シルバー人材センター発足。明石中央体育会館開館。

昭和57年

少年自然の家、勤労福祉会館開設。明石公園開園100年祭。

昭和58年

障害者福祉都市に指定。あかねが丘学園を旧明商校舎(大久保町西島)に移転。

昭和59年

県立成人病センター開設。保健センター開設。

昭和60年

明石原人の再発掘調査開始。

昭和61年

日本標準時制定100周年を記念し「あかし子午線まつり」を開催。中高年齢労働者福祉センター(サンライフ明石)開館。

昭和62年

明石高校が甲子園に春・夏連続出場。二見人工島に南二見会館開館。

昭和63年

魚住センターロード開通。公文書公開制度スタート。国民文化祭開かれる。

平成

平成元年

市制70周年を記念して明石公園にとき打ち太鼓設置。

平成2年

花と緑の学習園オープン。明石駅前に立体駐車場と自転車駐車場がオープン。

平成3年

山陽電鉄の高架工事完了。総合福祉センター、市立文化博物館開館。

平成4年

西明石緑道完成。アニメ市史「明石と時のこどもたち」を制作。

平成5年

「時のウィーク」初めて開かれる。大蔵海岸埋立工事に着手。

平成6年

(株)明石ケーブルテレビ開局。大久保駅南の都市拠点総合整備事業に着手。

平成7年

兵庫県南部地震による被害発生。魚住浄水場に配水塔完成。明石駅前広場が完成。

平成8年

大久保浄化センター稼動。JR大久保駅の橋上化完成。

平成9年

大蔵海岸の埋立造成が竣工。藤江川添遺跡で約5~10数万年前のメノウを発掘。

平成10年

天文科学館リニューアルオープン。「ときめき明石・海峡まつり’98」開催。明石海峡大橋開通。大久保駅北広場供用開始。産業交流センター開館。

平成11年

明石クリーンセンターが稼動。環境の保全および創造に関する基本条例を制定。西部市民会館・図書館が開館。

平成12年

あかねが丘学園を旧松が丘南小学校(松が丘5丁目)へ移転。明石城の隅櫓5年ぶりに復活。夜間花火を規制する条例を施行。

平成13年

大蔵海岸で2つの大きな事故

平成14年

特例市へ移行
世界的指揮者・佐渡裕さんが市内で音楽指導

平成15年 防災センターオープン
平成16年

山陽電車西二見駅が開業

コミュニティバス「Tacoバス」実験運行開始

アスピア明石に子育て支援センターオープン

平成17年 大蔵海岸こども広場オープン

平成18年

第61回 国民体育大会
市民オーケストラ「明石フィルハーモニー管弦楽団」誕生

平成19年

新幹線西明石駅前広場完成

明石北わんぱく広場オープン

市役所内に障害者作業所、福祉コンビニを開設

平成20年

サハ共和国 ヤクーツク歌劇場およびサハ高等音楽院と連携協力覚書締結

平成21年

ふれあいプラザあかし西オープン
市制90周年

平成22年

天文科学館展示室をリニューアル

平成23年

松江公園オープン

防災センターに「安全・安心啓発コーナー」を設置

市民病院 地方独立行政法人に移行

平成24年

石ケ谷公園に恐竜型の遊具を設置

市営バス61年の歴史に幕

天文科学館プラネタリウムの稼働時間が日本一に

平成25年

市ホームページをリニューアル

子どもの医療費無料 中学生まで拡大

捨てたらあかん!ミドリガメキャンペーンを実施

平成26年

大蔵海岸多目的広場オープン

ウミガメが6年ぶりに産卵、子ガメ旅立つ

市制施行95周年

平成27年

総合福祉センターに高齢者・障害者の総合窓口を開設

認知症総合相談窓口を開設

あかしこども新聞を発行(第1回)

平成28年

春のセンバツ 明石商業高校が甲子園初出場

タコで有名な全国8つのまちが明石に集合 「たこリンピックin明石」開催

パラリンピックで活躍した明石出身の上地結衣選手(銅メダル)、別所キミヱ選手(5位入賞)が、あかしふるさと大使に。

B-1グランプリスペシャルで明石市がゴールドグランプリ(1位)に輝く

明石駅前再開発ビルに「あかし市民広場」がオープン

平成29年

明石駅前再開発ビルに「あかし市民図書館」「あかしこども広場」「あかし総合窓口」がオープン

生涯学習センター、男女共同参画センター、市民活動支援センターの機能が1つになり複合型交流拠点「ウィズあかし」に

17年ぶりに市の人口が過去最高を更新

「あかし里親フォーラム」開催。シンガーソングライターの川嶋あいさんが明石こども大使に

「2017西日本B-1グランプリin明石」開催

平成30年

中核市へ移行。「あかし保健所」「あかし動物センター」がオープン

お問い合わせ

明石市政策局広報課

兵庫県明石市中崎1丁目5-1

電話番号:078-918-5001

ファックス:078-918-5101