ホーム > 安全・安心 > 明石市の安全・安心 > 明石市民夏まつり事故調査報告書

ここから本文です。

更新日:2019年3月28日

明石市民夏まつり事故調査報告書

概要

明石市民夏まつり事故について

平成13(2001)年7月21日午後8時45分頃から50分過ぎ頃にかけて、第32回明石市民夏まつりの花火大会会場の大蔵海岸とJR朝霧駅を直結する明石市道「朝霧歩道橋上」で会場に向かう観客と帰路についた観客が押し合いになり、転倒し、死傷者が発生したものです。死傷者の内訳は、死者11人(10歳未満9人、70歳以上2人)、負傷者247人となっています。(平成13(2001)12月31日現在)

明石市民夏まつり事故調査委員会とは

明石市民夏まつり事故調査委員会は、平成13(2001)年7月21日に発生した第32回明石市民夏まつりの花火大会事故について、主催者の責任において事故原因の解明と再発防止を図るため第三者の学識経験者により設置された委員会です。
この委員会は、事故原因の解明に当たり、公正性・中立性・客観性を保持するため、誰からの指示、命令、干渉、圧迫等を受けず、独立して職務を行う第三者機関としての性格を有するものです。
平成13(2001)年8月2日に第1回の委員会が開催され、その後15回に及ぶ審議を重ね平成14(2002)年1月30日にその設置の目的である事故原因の解明と再発防止を図るための提言を盛り込んだ調査報告書を明石市に提出し、2月28日にその任務を終了しました。

委員会の構成

  • 委員長原田直郎(法曹界:弁護士、元大阪高等裁判所長官)
  • 副委員長 河田惠昭(危機管理:京都大学防災研究所巨大災害研究センター長・教授)
  • 委員 石井曻(災害・救急医学:神戸大学医学部教授)
  • 委員 岡田光正(建築人間工学:大阪大学名誉教授)
  • 委員 小越芳保(法曹界:弁護士)
  • 委員 室崎益輝(都市防災:神戸大学都市安全研究センター教授)

委員会の開催経過

第1回平成13(2001)年8月2日

第2回平成13(2001)年8月14日

第3回平成13(2001)年9月2日

第4回平成13(2001)年9月17日

第5回平成13(2001)年9月30日

第6回平成13(2001)年10月21日

第7回平成13(2001)年10月30日

第8回平成13(2001)年11月11日

第9回平成13(2001)年11月18日

第10回 平成13(2001)年11月27日

第11回 平成13(2001)年12月7日

第12回 平成13(2001)年12月15日

第13回 平成13(2001)年12月22日

第14回 平成14(2002)年1月15日

第15回 平成14(2002)年1月30日

委員会の設置期間

平成13(2001)年8月2日~平成14(2002)年2月28日

委員会概要・記者会見

 

お問い合わせ

明石市総務局総合安全対策室

兵庫県明石市中崎1丁目5-1

電話番号:078-918-5069

ファックス:078-918-5140