ホーム > 健康・福祉 > 国民健康保険 > 平成30年度から市町村国保が変わりました

ここから本文です。

更新日:2019年3月20日

平成30年度から市町村国保が変わりました

◆各都道府県と市町村の共同運営に 

 現在、市町村が保険者となって運営している国民健康保険は平成30年4月からは各都道府県と市町村がともに保険者となって運営する形に変更されました。

◆被保険者資格は都道府県単位で管理

 被保険者資格は都道府県単位で管理されますので、被保険者が同一都道府県内の他の市町村へ転出した場合も資格は継続されますが、被保険者証は転出後の市町村で改めて交付されます。

◆都道府県の主な役割

 財政運営の責任主体となり、安定的な財政運営や効率的な事業運営を確保し、国民健康保険制度の安定化を図ることとなりました。
 都道府県内での統一的な運営方針を定め、市町村事務の効率化、標準化を推進し、運営の中心的役割を担います。

◆市町村の主な役割

 保険料(税)率の決定、賦課・徴収、被保険者資格の異動管理、被保険者証の交付、保険給付の決定、保健事業などを行うこととなりました。
 運営の仕組みに大きな変更はありますが、医療の受け方に変更はなく、各種の届け出や申請の受け付けはこれまでどおり、市町村で行います。

◆制度改正の概要資料

  制度改正の概要資料について、下記のリンクよりご覧いただけます。

国保制度改正の概要(厚生労働省資料より転載)(PDF:223KB)

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

明石市市民生活局国民健康保険課

兵庫県明石市中崎1丁目5-1

電話番号:078-918-5022・5023・5021

ファックス:078-918-5105