ホーム > 健康・福祉 > 国民健康保険 > 保険給付 > 医療費節約のコツ

ここから本文です。

更新日:2022年3月17日

医療費節約のコツ

国民健康保険は、安心して医療を受けられるように加入者のみなさんがお金(保険料)を出しあって助け合う医療保険制度です。高齢化社会の進行や生活習慣病の増加などに伴って、医療費は年々増加し、国民健康保険財政は大変厳しい状況です。このまま医療費が増え続けるとその費用を補うために、保険料の引き上げも考えられます。みなさん一人ひとりが医療費に関心をもち、日頃からの健康づくりを心がけることが、医療費を節約することにつながります。

コツ1 健康づくり

病気にならないよう予防が肝心です。健康づくりのため次のことを心がけましょう。

  1. 日常生活に適度な運動を取り入れましょう。
  2. バランスのとれた食事を心がけましょう。
  3. 十分な睡眠と休養をとりましょう。
  4. ストレスは早めに解消しましょう。
  5. 定期的に健康診断を受け、病気の早期発見に努めましょう。

詳しくは、あかし健康プラン21(別ウィンドウで開きます) をご覧ください。

コツ2 上手にお医者さんにかかりましょう

  1. かかりつけ医(ホームドクター)を持ちましょう。
    かかりつけ医とは、身体の調子が悪いときに、「最初はここのお医者さん」と言える、自分や家族の病歴などを把握しているお医者さんのことです。気軽に相談でき、信頼できる医師が身近にいれば、安心して診療を受けることができます。
  2. 時間外・休日診療はなるべく避けましょう。
    急病などやむを得ない場合を除いては、診療時間内に受診しましょう。診療時間外の受診は割増料金がかかります。
  3. 重複受診はやめましょう。
    同じ病気でいくつもの病院にかかる重複受診や、症状が改善しないからといって、次から次へお医者さんを変えて受診することは、同じ診察、検査などの繰り返しになり、体への負担が大きく、医療費もかさみます。
  4. 小児救急電話相談(#8000)を利用しましょう。
    夜間・休日にお子さんの急な病気で心配になったら、まず、小児救急電話相談(#8000)の利用を考えましょ
    う。小児科の医師や看護師からお子さんの症状に応じた適切な対処の仕方などのアドバイスが受けられます。
    詳しくは、兵庫県のホームページ(外部サイトへリンク)をご覧ください。
  5. ジェネリック医薬品を活用しましょう。
    ジェネリック医薬品(後発医薬品)は、先発医薬品の特許期間満了後に厚生労働省の認可のもとで製造・販売
    される、先発医薬品と同等の成分・効能の薬です。先発医薬品に比べて開発期間・費用が少なく安価なため、
    医療費の節約に役立ちます。
    詳しくは、ジェネリック医薬品のページをご覧ください。

お問い合わせ

国民健康保険課 管理係(電話/078-918-5021)

お問い合わせ

明石市市民生活局国民健康保険課

兵庫県明石市中崎1丁目5-1

電話番号:078-918-5022・5023・5021

ファックス:078-918-5105