ホーム > 市政情報 > 各課室別案内 > 政策局 > 政策局 本のまち推進室 > 読書バリアフリーに関する取組

ここから本文です。

更新日:2021年4月9日

読書バリアフリーに関する取組

 赤ちゃんから高齢者まで、障害のある人もない人も、すべての人に本に親しんでもらえるよう、読書バリアフリーに関するさまざまな取組を進めています。

 以下のサービスの利用方法等については、各図書館(あかし市民図書館:078-918-5800、市立西部図書館:078-918-5675)へお問い合わせください。

市立図書館内における取組

「大きな文字」での読書

 ・拡大読書器の設置(あかし市民図書館1台、市立西部図書館1台)

 ・大活字本の閲覧、貸出

「点字」による読書

  ・点字本の閲覧、貸出

 ・点字新聞、点字版広報あかしなどの閲覧

「音声」による読書

  ・音声読み上げ機の設置(あかし市民図書館1台、市立西部図書館1台)

 ・音声デイジー図書の利用

その他

ユニバーサルルーム(あかし市民図書館)

 あかし市民図書館では、読書バリアフリーに関する機器などを集約したユニバーサルルームを設置しています。ぜひ、お気軽にご利用ください。

対面朗読サービス

 明石市立図書館ではボランティアグループによる対面朗読サービスを週に1回実施しています。予約が必要な場合がありますので、利用に際しては、事前にあかし市民図書館(電話:078-918-5800)もしくは市立西部図書館(電話:078-918-5675)へお問い合わせください。

 

図書館への来館が困難な方に対する取組

移動図書館車の巡回

 県内唯一の大小2台体制で、保育所や幼稚園、高齢者施設や病院など、市内78か所のステーションを月に1回ずつ巡回しています。児童書から一般書までさまざまな本を積んでいます。巡回日程等、詳しくは図書館HP(外部サイトへリンク)をご確認ください。

宅配サービス

  市内在住で障害者手帳2級以上の方及び65歳以上の方のうち、来館が困難な方に対し、図書を自宅までお届けしています。

 なお、利用にあたっては、図書館の利用登録とは別に、ユニバーサルサービスの登録が必要となりますので、事前にあかし市民図書館(078-918-5800)へお問い合わせください。

郵送サービス(録音・点字図書)

  市内在住で障害者手帳2級以上で視覚障害をお持ちの方に、図書を自宅まで郵送によりお届けしています。

 なお、利用にあたっては、図書館の利用登録とは別に、ユニバーサルサービスの登録が必要となりますので、事前にあかし市民図書館(078-918-5800)へお問い合わせください。

 

 


 

お問い合わせ

明石市政策局本のまち推進室

兵庫県明石市中崎1丁目5-1

電話番号:078-918-5209

ファックス:078-918-5155