ホーム > 健康・福祉 > 健康・医療(保健所含む) > 新型コロナワクチンの接種について > 新型コロナウイルス感染症予防接種証明書(ワクチンパスポート)の交付について

ここから本文です。

更新日:2024年2月13日

新型コロナウイルス感染症予防接種証明書(ワクチンパスポート)の交付について

※2024年(令和6年)3月31日をもちまして、予防接種証明書(ワクチンパスポート)の発行申請方法のうち、電子版(スマートフォン専用アプリ)とコンビニ交付は終了します。

※電子版(スマートフォン専用アプリ)で予防接種証明書(ワクチンパスポート)を発行済みの方は、2024年(令和6年)4月1日以降はアプリが使用停止になりますので、必要な方は画像保存機能等で保存してください。詳しくはこちら

2024年(令和6年)4月1日以降は、郵送または市の担当窓口のみ申請を受付けます(2024年3月31日までの接種記録のみ発行出来ます)。

 

マイナンバーカードを利用して電子版の接種証明書が取得できます。(海外渡航用と日本国内用の両方の接種証明書が発行可能です。)

紙版の接種証明書は市への申請が必須で発行に時間を要していましたが、アプリを用いることで紙版と同様の様式を、スマートフォンに画像保存できるようになりました。

紙版の接種証明書(郵送)での発行には申請受理後10日程度かかりますので、お急ぎの方は、電子版またはコンビニ交付(有料)での取得をご検討ください。

「電子版」「紙版」接種証明書、接種済証(接種記録書)について

「電子版」の接種証明書【2024年(令和6年)3月31日まで発行可能】

マイナンバーカードをお持ちの方はスマートフォンの専用アプリから無料で即日発行可能です。※一部ご利用いただけない場合がございます。

 

「紙版」の接種証明書

マイナンバーカードをお持ちでないなど、電子版で申請ができない場合、「紙版」接種証明書の発行が可能です。

接種済証(接種記録書)

ワクチン接種時に、接種会場で全員に渡される証明書です。日本国内においては、「接種済証」または「接種記録書」でも、公的にワクチンの接種を受けたことを証明する書類としてご利用いただけます。(二次元コードの記載がないため、海外では効力がありません。)

 sessyuzumisyo_kirokusyo

申請対象者

日本国内でワクチンを接種済で、かつ、接種日時点で明石市内に住民票があった方。

♦注意事項

接種日時点の住民登録地の市町村に申請してください。転居等により接種時と住所が異なる場合、それぞれの住民登録地の市町村に申請が必要となります。

「電子版」接種証明書の申請方法【2024年(令和6年)3月31日まで発行可能】

スマートフォンの専用アプリから申請可能になり、スマートフォン上で二次元コード付き接種証明書(電子版)が発行されます。詳細は、デジタル庁(外部サイトへリンク)のホームページをご確認ください。

※電子版(スマートフォン専用アプリ)で予防接種証明書(ワクチンパスポート)を発行済みの方は、2024年(令和6年)4月1日以降はアプリが使用停止になりますので、必要な方は画像保存機能等で保存してください。

 

電子申請に必要なもの

・スマートフォン(マイナンバーカードが読み取れる端末)

・マイナンバーカード+暗証番号(4桁)※

・パスポート(海外・国内兼用接種証明書」が必要な方のみ)

※暗証番号は、マイナンバーカードを窓口で受け取った際に設定した4桁の数字です。入力を3回間違えるとロックがかかりますのでご注意ください。なお、マイナンバーカードの申請については、こちらをご確認ください。

画像保存機能の追加について(令和4年7月21日)

接種証明書(紙版)は市への申請が必須で発行に時間を要していましたが、アプリを用いることで紙版と同様の様式を、スマートフォンに画像保存できるようになりました。

画像保存後は、ご自宅やコンビニ等で印刷をしてお使いください。

画像保存方法(PDF:294KB)

お問い合せ先

操作方法やエラーなどアプリに関するお問い合わせは、デジタル庁に直接お問い合わせください。

【デジタル庁問合せフォーム】(外部サイトへリンク)

アプリに関するよくある質問(外部サイトへリンク)

「紙版」接種証明書の申請方法

日本国内では、「接種済証」または「接種記録書」をお持ちの場合、特段の事情がない限り、改めて接種証明書を取得する必要はありません。

交付申請

原則、郵送による申請・交付になります。

申請受理(必要な書類がすべて整って)から発行までに10日程度かかります。

ただし、海外渡航日が迫っているなどの理由で申請をお急ぎの方は、窓口(あかし保健所)での発行も可能です。

窓口での申請をご希望の場合でも、以下の「ご用意いただくもの」を必ず持参してください。

※申請書は事前に記入しておいてください。

ご用意いただくもの

 (1)申請書

申請書(PDF:534KB) 申請書(見本)(PDF:600KB)

 (2)本人確認書類(写し)

 (3)接種券、接種済証または接種記録書(写し)

 (4)返信用封筒(宛名の記入、切手貼付)

 ※証明書の送付先は、原則、申請者の現住所(住民票上の住所)になります。

 現住所が市外の方は、その住所が分かる本人確認書類(免許証等)が必要です。

 (5)パスポート(写し)(海外用のみ)

 

代理人申請の場合、上記に加えて

 (6)代理人の本人確認書類(写し)

 (7)委任状

委任状(PDF:201KB) 委任状(見本)(PDF:238KB)

 本人署名欄は、必ず証明書対象者が自署してください。

 本人確認書類について

郵送先の住所がわかる運転免許証、マイナンバー(個人番号)カード、住民基本台帳カード(顔写真付)、身体障害者手帳、国又は地方公共団体が発行した身分証明書(顔写真付)等

※いずれも有効期限内のものに限ります。

 

証明事項(サンプル)

03kamisyomeisyo_sample

 申請書類提出先

〒674-0068 明石市大久保町ゆりのき通1丁目4-7 

明石市福祉局あかし保健所保健予防課 ワクチンパスポート担当 宛

お問い合わせ先

明石市コロナワクチン専用ダイヤル

0120-712-160(毎日/午前9時から午後5時)

コンビニ交付(有料)について【2024年(令和6年)3月31日まで発行可能】

令和4年7月26日より、毎日6時30分から23時00分まで、対象のコンビニエンスストア等の店舗内の端末から接種証明書を取得できます。(対象店舗であれば明石市外のコンビニ等でも発行できます。)

コンビニ交付の詳細は、厚生労働省(外部サイトへリンク)のホームページをご確認ください。

ご用意いただくもの

 1.マイナンバーカード+暗証番号4桁

 2.接種証明書発行料(120円)

※海外用の接種証明書については、令和4年7月21日以降にアプリか紙申請で海外用の接種証明書を発行しており、その時と旅券番号が同じであることが必要です。

利用できるところ

株式会社セブン-イレブン・ジャパン
・株式会社ローソン(令和4年12月15日から)
・ミニストップ株式会社 ほか

【参考資料】

新型コロナワクチン接種証明書をコンビニで取得できるようになります(PDF:755KB)

新型コロナウイルス感染症予防接種証明書(コンビニでの取得方法)(PDF:1,442KB)

よくあるお問い合わせ

Q1.接種後すぐにその内容が記録された証明書が発行されますか?

A1.接種済証の写し又は接種記録証の写しを添付いただければ接種内容の登録が可能です。添付がない場合、接種医療機関から予診票が届き次第の確認となるため、発行までに時間を要する場合があります。

Q2.送付先を住民登録先の住所以外にできますか?

A2.原則、住民登録地の住所への送付となります。別住所へ送付希望の場合、該当住所が記載された公的な本人確認書類の写しをご提出ください。なお、社員証や名刺は、公的な本人確認書類にはなりません。

Q3.送付先を会社や学生寮にできますか?

A3.A2のとおり、公的な本人確認書類の写しで、会社や学生寮の住所が確認できない場合は送付できません。特別なご事情がある方は、明石市コロナワクチン専用ダイヤルまでお問い合わせください。

 

ページの先頭へ戻る

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

明石市福祉局あかし保健所保健予防課 コロナワクチンお問い合わせ専用ダイヤル
電話番号:0120-712-160 ファックス:0120-655-695