こんなに充実!明石の子育て

明石市の子育て支援は、保育料や医療費などの経済的な軽減はもちろん、子育て環境の整備や教育にも力を入れています。

明石独自の5つの無料化

 明石市が進める「こどもを核としたまちづくり」の中心を担うのが、子育て支援の5つの無料化。子育てにかかる経済的な負担の軽減は、人口増加につながっています。
 親の所得に関わらず、すべての子どもたちにサービスを届けるため、所得制限はありません。 

こども医療費の無料化

 子どもが病院に行ったときに払うお金は、住んでいるまちによって異なります。明石市では2021年7月からさらに制度を拡充し、全国の中核市以上の市ではじめて、高校3年生まで無料になりました。

医療費医療費

第2子以降の保育料の完全無料化

 「もう1人子どもが欲しいけどお金に不安が…」という人も多い中、明石市は経済的な負担を大幅に軽減します。

保育料保育料

0歳児の見守り訪問「おむつ定期便」(2020年10月スタート)

 市の研修を受けた配達員が、毎月おむつや子育て用品をご自宅にお届け。その際、育児の不安や悩みを聴いたり、役立つ情報をお伝えします。

0歳児の見守り訪問「おむつ定期便」の詳細はこちら(外部サイトへリンク)

おむつ宅配

中学校の給食費が無料に(2020年4月スタート)

 子どもたちに心のこもったあたたかい給食をお届けしている「中学校給食」が所得制限なしで無料になります。教育費が膨らむ中学生のいる家庭の負担を軽減し、子どもの健やかな成長を支えます。

中学校給食

公共施設の入場料無料化

 天文科学館は、高校生まで無料。夏は海浜プールだって無料なんです。休みの日は、家族でいっぱい遊んでほしい!市内4施設で子どもの観覧料が無料です。

施設

親子交流スペース「ハレハレ」についてはこちら(外部サイトへリンク)
明石海浜公園についてはこちら(外部サイトへリンク)
天文科学館についてはこちら 

もっとあります!明石市の子育て充実のポイント

市内全公立幼稚園で給食を実施(2020年9月スタート)

 市内27校区の幼稚園で給食が始まりました。市民ならおかず代(副食費)は無料で、月額400円から利用できます。栄養バランスの取れた給食で、食から子どもたちを応援し、保護者の負担軽減を図ります。

幼稚園給食の詳細はこちら

こども食堂

 明石市では、『こども食堂』が全28小学校区44か所に広がっています。まちのみんなで子どもを見守ります。

 こども食堂

こども食堂についてはこちら(外部サイトへリンク)

 小学1年生・中学1年生での少人数学級

 明石の小学1年生は1クラス30人以下、中学1年生は1クラス35人以下です。先生との距離も近くきめ細やかな学びが魅力。明石市では大切な第一歩でつまずかないよう、小中学校の1年生で少人数学級を実施しています。また、高丘小中一貫教育校では、小学1年生から中学3年生までの9年間、全学年30人程度の少人数学級で、一人ひとりに応じたきめ細やかな学びを提供しています。

 病児保育施設

 病気の子どもを預かる施設が市内2か所にあるから安心。急に子どもに熱が!でも仕事も休めない!!そんな時、病児保育施設が子育てと仕事の両立をサポート。

明石市の子育て支援はまだまだお得!

2019年10月より、国の幼児教育・保育の無償化が行われましたが、明石市独自の無料化はまだまだお得です。

まだまだお得

 

ページの先頭に戻る