ここから本文です。

更新日:2022年6月23日

メガソーラー発電

メガソーラー事業
明石市では、電気エネルギー不足への対応と温室効果ガスの削減を図るため、明石市第1次埋立処分場跡地及び、明石クリーンセンター敷地内に再生可能エネルギーである発電を行う大規模太陽光発電設備(メガソーラー)を設置しています。

太陽光発電のしくみ

太陽電池が、「太陽の光(エネルギー)」を「電気」に変換します。太陽電池は、電気的な性質の異なる2種類(p型、n型)の半導体を重ね合わせた構造をしています。
太陽電池に太陽の光が当たると、電子(-)と正孔(+)が発生し、正孔はp型半導体へ、電子はn型半導体へ引き寄せられます。
このため、表面と裏面につけた電極に電球やモーターのような負荷をつなぐと電流が流れ出します。

 

太陽光発電のしくみ

エネルギーの見える化

 明石クリーンセンターに発電状況が確認できるモニターを設置し、施設見学時の環境学習などに利用します。

  発電量

 メガソーラー発電量実績(PDF:60KB)

施設概要

第1期メガソーラー事業

導入方式 エナジーバンクジャパン株式会社との共同事業方式
設置場所 明石市第1次埋立処分場跡地(明石市大久保町松陰1131の一部)
設置面積 22,000m2
設備容量 1,705kW
想定発電量 約1,824,000kWh/年(20年間平均)
事業の効果 標準的な家庭の年間電気使用量に換算:約500世帯分※1
年間で削減できるCO2排出量:約570t※2

第2期メガソーラー事業

導入方式 市有地を株式会社きしろを代表とする共同事業体へ貸出
設置場所 明石クリーンセンター敷地内
設置面積 17,929m2
設備容量 1,008kW
想定発電量 約1,136,000kWh/年(20年間平均)
事業の効果 標準的な家庭の年間電気使用量に換算:約300世帯分※1
年間で削減できるCO2排出量:約350t※2

※11世帯当たりの年間消費電力量3,600kWhで計算
※21kWh当たりCO20.311kgで計算

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

明石市市民生活局資源循環課

兵庫県明石市大久保町松陰1131

電話番号:078-918-5792

ファックス:078-918-5791