ホーム > 暮らし・コミュニティ > 平和 > 平和資料室 -明石に残る空襲の跡を展示-

ここから本文です。

更新日:2021年8月1日

平和資料室 -明石に残る空襲の跡を展示-

第二次世界大戦の終戦から今年で76年が経過します。戦争の記憶を風化させることなく、平和の尊さを次の世代に継承していくため、2021年1月、文化博物館内に平和資料室を開設しました。

平和資料室は、明石の戦災をテーマにした市内初の常設展。イラストや写真を使いながら、分かりやすく解説しています。また、戦争体験者の声を動画を聞くこともできます。

この夏、平和の大切さを考える機会として、お立ち寄りください。

【戦争体験者の声】

平和特集(広報あかし2021年8月1日号2-3面)はこちらから

 

平和資料室を開設します

明石で76年前の終戦の年に6回の空襲があり、多数の市民が犠牲となったという身近に起こった史実を、戦争を体験していない児童生徒にも分かり易く伝え、平和の尊さを次世代に継承していくため、平和資料室を開設します。

開設日時:2021年(令和3年)1月19日(火) 午前11時30分

開設場所:明石市立文化博物館2階 (明石市上ノ丸2丁目13の1)

展示内容:・明石の戦災に関するイラスト、写真入りの市域図、戦争の体験談、語り部のメッセージ等の映像展示、当時のまちの様子の写真のパネル展示 など

その他:平和資料室の見学のみの場合は、無料で観覧できます。文化博物館受付で申し出てください。平和資料室の開設にあわせて、1月19日(火)~24日(日)、市役所本庁舎2階ロビーにて、平和パネル展を行います。(一般財団法人 太平洋戦全国空爆犠牲者慰霊協会から借用したパネル、及び、人権推進課所有のパネルを展示します。)

 平和資料室内1平和資料室内2

 

お問い合わせ

明石市市民生活局人権推進課

兵庫県明石市中崎1丁目5-1

電話番号:078-918-5058

ファックス:078-918-5131