ホーム > ふるさと納税とは

ここから本文です。

ふるさと納税(寄附金税額控除)制度とは

「ふるさと納税」制度とは、「ふるさと」と思う地方公共団体に寄附を行い、寄附金が所得税・住民税の控除対象になる寄附金税制のことです。

ふるさとを応援しながら税金の控除が受けられ、さらにお礼の品も受け取れる、うれしいシステムです。 明石市では「ふるさと納税」をご利用いただいたみなさまに、魅力あふれる名産品をはじめ、明石ならではの体験メニューなどバラエティに富んだラインナップをご用意しています。

寄附金税額控除のしくみ

個人住民税(所得割)をお納めの方が、この制度によって税額控除を受けることのできる対象者となります。

詳細は「ふるさと納税(寄附金税額控除)」制度(PDF:50KB)をご参照ください。

※税額控除の限度額の詳細につきましては、お住まいの市区町村の税窓口までお問い合わせください。

【明石市のお問い合せ先】 市民税課 電話:078-918-5013

ふるさと納税の手続き

(1) お申し込み

インターネットでの申し込み

各ふるさと納税ポータルサイトよりお申し込みください。(下記バナーからリンク)

ふるさとチョイスで申し込む(外部サイトへリンク)

楽天(外部サイトへリンク)

ふるなびバナー(外部サイトへリンク)

「明石市ふるさと納税申込書」による申込み

  • ふるさと納税専用ダイヤルにお電話いただき、応援プランや氏名、住所などをお伝えください。その後、お送りする納付書を利用し、所定の金融機関で入金してください。
  • もしくは、下記の申込書をご記入の上、明石市役所 シティセールス課までご提出ください。

申込書(エクセル:203KB)申込書(PDF:160KB)をダウンロードしてご使用ください。

 

 

  お申込方法 お申込み先
1 郵送 〒673-8686 兵庫県明石市中崎1丁目5番1号 明石市役所 政策局 シティセールス課 あて
2 Eメール furusatonouzei@city.akashi.lg.jp
3 FAX 078-918-5136
4 窓口持参 明石市役所分庁舎5F 政策局 シティセールス課

ふるさと納税専用ダイヤル(シティセールス課内)TEL 078-918-5275(土曜・日曜・休日を除く午前9時~午後5時)

 

(2) ご入金

クレジット決済によるご入金

 

インターネット申込みをご利用の場合は、インターネット上でクレジット決済をすることができます。

各ふるさと納税ポータルサイト

「ふるさとチョイス 兵庫県明石市」(外部サイトへリンク)

「楽天ふるさと納税 兵庫県明石市」(外部サイトへリンク)

「ふるなび 兵庫県明石市」(外部サイトへリンク)

より、クレジット決済を選択して申込手続きを行った後、決済を行ってください。

 

払込取扱票によるご入金

お申し込み後に「払込取扱票」(郵便局専用)を送付いたしますので、最寄りの郵便局からお振込みください。寄附者情報に記載のお名前でお振込みをお願いします。

 

「寄附金納付書」によるご入金

お申し込み後に「寄附納付書」を送付いたしますので、所定の金融機関の窓口でご入金ください。

寄附金納付書がご利用できる金融機関につきましては

ふるさと納税(寄附金)入金に際してのお知らせ(PDF:133KB)をご覧ください。

 

現金書留によるご入金

「明石市ふるさと納税(寄附金)申込書」を同封の上、明石市役所シティセールス課までご郵送ください。

 

(3) ふるさと納税(寄附金)受領書の送付

寄附金をご入金いただきましたら、所定の手続きが完了しだい、「ふるさと納税(寄附金)受領書」を郵送いたします。受領書の送付には、ご入金いただきました日から2~3週間(クレジット決済の場合は1ヵ月前後)かかりますので、あらかじめご了承ください。


(4) 個人住民税の寄附金税額控除(所得税の寄附金控除)を受けるための手続き

個人住民税の寄附金税額控除(所得税の寄附金控除)を受けるためには、所得税の確定申告をしていただく必要があります。(個人住民税の申告は所得税の確定申告をされますと不要です。)なお、申告される際には、明石市が発行する「ふるさと納税(寄附金)受領書」の提出が必要となります。 ※所得税の確定申告の手続き等につきましては、国税庁及び総務省のホームページをご参照ください。

確定申告作成全般のご案内

確定申告書作成コーナー(国税庁)

URL: http://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/shinkoku/kakutei.htm ※国税庁サイトへリンク

ふるさと納税制度全般のご案内

URL: http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/jichi_zeisei/czaisei/czaisei_seido/080430_2_kojin.html ※総務省サイトへリンク

参考ふるさと納税ワンストップ特例

給与所得者等で確定申告が不要な方は、寄附先の自治体に「寄附金税額控除に係る申告特例申請書」をご提出いただきますと、確定申告を行わずに寄附金税額控除を受けることができます。(※特例申請にはマイナンバーの本人確認書類(PDF:63KB)が必要となります。)なお、本特例の適用を受ける場合、所得税の寄附金控除による還付は行われません。ふるさと納税の特例控除の上限額までは、所得税還付相当額を含めた額が個人住民税より控除されます。

この制度の対象は次の要件をすべて満たす方です。

  1. 地方税法附則第7条第1項(第8号)に規定する申告特例対象者であること。
    給与所得者等の確定申告義務がない方で、ふるさと納税の寄附金控除を受ける目的以外で所得税や住民税の申告を行う必要がない方
  2. 地方税法附則第7条第2項(第9号)に規定する要件に該当する者であること
    年間(1月~12月)に寄附をする地方公共団体の数が5以下である方

特例の適用を希望される方は、寄付申込み時に申告特例申請書の送付をご要望ください。
ご入金後に申請書を送付いたしますので、記入・押印の上、マイナンバーの本人確認書類(PDF:63KB)と共にご郵送ください。

 

ワンストップ特例申請書類の送付先

〒673-8686 兵庫県明石市中崎1-5-1

明石市役所シティセールス課 あて

ふるさと納税返礼品の課税について

 ふるさと納税を行い、返礼品を受け取った場合の経済的利益(返礼品の価額)は一時所得に該当します。

これは、ふるさと納税(寄附)が収入(特産品)を得るための支出として扱われず、寄附金控除の対象とされていることに伴うものであり、一時所得は、年間50万円を超える場合に、超えた額について課税対象となります。

なお、懸賞や福引きの賞金品、生命保険の一時金や損害保険の満期払戻金なども、一時所得に該当しますのでご注意ください。

詳しくは国税庁のホームページをご確認ください。

ふるさと納税の実績について

(1)寄附金実績推移

  平成30年度 平成29年度 平成28年度 平成27年度 平成26年度
寄附件数

4,826件

170件

452件

109件

16件

寄付金額

102,826千円

5,384千円

6,473千円

6,075千円

2,290千円

 

(2)平成30年度使いみちの実績

区分 合計
件数 金額
1 明石の子育てを応援

1,591件

35,595千円

2 明石のやさしいまちづくりを応援

1,377件

26,772千円

3 明石ダコの保護

465.5件

10,109千円

4 明石のたからもの応援

206件

4,945千円

5 市政100周年に向けての施策応援

108.5件

2,337千円

6 明石商業高校に熱い応援を

129件

2,190千円

7 市長(自治体)におまかせ

949件

20,878千円

合計

4,826件

102,826千円

明石市ふるさと納税事業 参加事業者募集

明石市では、ふるさと納税制度により、本市に寄附を頂いた方に、感謝を伝えるとともに明石市の特産品や魅力を知っていただくために、地元特産品等を贈呈することとしております。
もっともっと明石の魅力を発信し、ふるさと納税の推進を図るため、特産品等を提供してくれる事業者を募集します。
募集の詳細については、お問い合わせください。
募集期間:随時募集しております