ホーム > 市政情報 > 財政・予算 > 財政のあらまし(明石市の財政関連情報) > 新型コロナウイルス感染症対応地方創生臨時交付金の活用事業について

ここから本文です。

更新日:2024年2月13日

新型コロナウイルス感染症対応地方創生臨時交付金の活用事業について

新型コロナウイルス感染症対応地方創生臨時交付金とは

 新型コロナウイルス感染症対応地方創生臨時交付金(以下:「臨時交付金」)は、新型コロナウイルス感染症の拡大防止策及びポストコロナに向けた経済構造の転換・好循環の実現の2つの柱について、地方公共団体が地域の実情に応じてきめ細やかに効果的・効率的で必要な事業を実施できるよう、国が交付金を交付するものです。

 新型コロナウイルスの感染拡大の防止や感染拡大の影響を受けている地域経済や住民生活の支援、休業要請等を含む事業継続や雇用維持への対応、「新しい生活様式」を踏まえた地域経済の活性化等への対応、ポストコロナに向けた経済構造の転換・好循環の実現を通じた地方創生を図ることを目的として創設されました。

 本市では、臨時交付金を活用して、新型コロナウイルス感染症への対応に取り組んでいます。

本市の交付限度額

  1.令和2年度

第1次交付限度額 773,692千円
第2次交付限度額 2,114,158千円
第3次交付限度額 1,167,064千円
合 計

4,054,914千円
(うち700,000千円を令和3年度に繰越し)

 

  2.令和3年度

第1次交付限度額    

700,000千円
(令和2年度からの本省繰越分)

第2次交付限度額 115,018千円
第3次交付限度額 173,124千円
第4次交付限度額 1,048,613千円
第5次交付限度額 277,065千円
合 計

2,313,820千円
(うち500,000千円を令和4年度に繰越し)

   

  3.令和4年度

第1次交付限度額    

500,000千円
(令和3年度からの本省繰越分)

第2次交付限度額 857,020千円
第3次交付限度額 25,035千円
第4次交付限度額 642,700千円
合 計

2,024,755千円
(うち250,000千円を令和5年度に繰越し)

 

  4.令和5年度

第1次交付限度額    

   250,000千円
      (令和4年度からの本省繰越分)

第2次交付限度額             8,014千円                                     
第3次交付限度額 686,515千円
第4次交付限度額 1,075,490千円
第5次交付限度額             24,733千円                       

実施計画

 臨時交付金は、実施計画に掲載した事業に対して活用することができます。
 本市の実施計画は、下記のとおりです。

 令和2年度新型コロナウイルス感染症対応地方創生臨時交付金実施計画(PDF:511KB)
 令和3年度新型コロナウイルス感染症対応地方創生臨時交付金実施計画(PDF:440KB)
 令和4年度新型コロナウイルス感染症対応地方創生臨時交付金実施計画(PDF:395KB)
 令和5年度新型コロナウイルス感染症対応地方創生臨時交付金実施計画(PDF:300KB)

実施状況及び効果検証

  1.令和2年度

  2.令和3年度

  3.令和4年度

特定事業者等に対する支援事業

 臨時交付金を活用した特定の個人又は事業者などに対する支援事業のうち、一の個人又は事業者等あたり10,000千円以上を支援するものについては、各地方公共団体において事業内容をホームページ等で公表することとされています。

  1. 令和2年度

 


 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

明石市総務局財務室財務担当

兵庫県明石市中崎1丁目5-1

電話番号:078-918-5011