ホーム > よくある質問 > よくある質問:税金 > 家屋の評価はどのように行われているのですか?

ここから本文です。

更新日:2018年4月2日

家屋の評価はどのように行われているのですか?

質問

家屋の評価はどのように行われているのですか?

回答

新築家屋の評価額については、以下のとおり計算します。

評価額=再建築価格×経年減点補正率

■再建築価格…同じ家屋をもう一度建てるとした場合に必要とされる建築費。構造や仕上、設備など、その家屋に使用されている材料や量を調査し、国が定めた評価基準に基づいて求められます。
■経年減点補正率…家屋の建築後、年数の経過によって生ずる損耗の状態によって家屋の価値の減少を率で表したもの。

既に固定資産税が課税されている家屋の評価につきましては3年に一度の基準年度に評価替えがあり、評価の見直しをします。基準年度以外の年は増築等がない限り据え置かれます。

お問い合わせ

明石市総務局資産税課

兵庫県明石市中崎1丁目5-1

電話番号:078-918-5015・5077・5238